「アオハル」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アオハル」です。

「アオハル」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

「アオハル」の意味をスッキリ理解!

アオハル:青春(せいしゅん)

「アオハル」の意味を詳しく

「アオハル」とは、青春(せいしゅん)を訓読みで読んだ言葉で、青春という意味です。

「アオハル」は、「青春」の中でも「人生のうちで若く、エネルギーにあふれた時期」という意味で使われます。また、思春期ならではの、少女漫画のような恋愛をする若者達をイメージさせる言葉でもあります。

「アオハル」は、「思春期」「若さ」「未熟」「恋愛」「エネルギッシュ」などのイメージをより強く連想させる若者言葉として使用されます。

「青春」の意味

「青春」は、もともと「季節の春」を指す言葉でしたが、その意味が派生して現在では「人生において、若くて元気、さらに希望にあふれる時代」という意味を持つ言葉になりました。

春は一年のうちで様々な草花が芽吹き、エネルギーにあふれた季節です。

それを人の生涯の「若くエネルギッシュな時期」と重ねて「未熟な子供から成熟した大人へと変わっていく時期」のことを「青春」と呼ぶようになりました。

主に10代後半から、20代前半の就職が決まる前の夢いっぱいな時期を「青春」と呼びます。

「アオハル」の使い方

  1. 私たちの高校時代はアオハルだったな。
  2. みんなでテーマパークに行くなんて、アオハルすぎる!

上の例文のように、人生において「若くて元気な時期・希望にあふれる時代」を「アオハル」で表現します。主に高校時代の思い出を「アオハル」と語ることが多くなっています。

「アオハル」の語源

「アオハル」の語源は、三つあると言われています。

「アオハル」の語源
  1. 漫画作品「アオハライド」
  2. 日清カップヌードルのCM
  3. 集英社発刊の雑誌

漫画作品「アオハライド」

「アオハル」という言葉が世の中に浸透したのは、、咲坂伊緒の漫画作品『アオハライド』だと言われています。

『アオハル+ライド(ride)』の意味が込められた「アオハライドは2011年より連載され、2014年7月にアニメ化されました。2014年12月には本田翼・東出昌大が主演で実写映画化され、多くの女子中高生に大きな影響を与えました。

これが「アオハル」という言葉が生まれた原点だと言われています。

日清カップヌードルのCM

また、2017年から放送された日清カップヌードルのCM『HUNGRY DAYS』中に「アオハルかよ」という言葉が登場したのも、「アオハル」の認知度が一気に広まった理由と言われています。

「アオハル」は「青春」の意味で、「○○かよ」は若者言葉のひとつで、「○○過ぎる」という意味があります。

集英社発刊の雑誌

「アオハル」という言葉の由来になったのは、2010年に集英社から発刊された「アオハル」という雑誌だと言われています。

雑誌のテーマが『青春とヒロイン』で、雑誌名が「アオハル」なので、「青春」=「アオハル」という図式を作ったきっかけとも言われています。

「アオハル」の類義語

「アオハル」には以下のような類義語があります。

  • ハイティーン:16歳から19歳の男女
  • ヤングマン:青春時代を過ごす若者

「ハイティーン」は、10代後半を指す言い方です。 teenager は数字に 13歳(thirteen)から19歳(nineteen)までの年齢層を指す言い方です。そのため「アオハル」と表現される中学生から高校生の年代を指しています。

まとめ

以上、この記事では「アオハル」について解説しました。

英語表記アオハル
意味青春
語源漫画作品「アオハライド」、日清カップヌードルのCM、集英社発刊の雑誌
類義語ハイティーン、ヤングマン

「アオハル」は「人生のうちで若く、エネルギーにあふれた時期」を指すカタカナ語で、主に中学生から高校生の「青春時代」を表現する際に使用されます。

「青春」の言い換え表現として若い世代を中心に使用され、ネット上で見かけることが多い言葉ですが、日常会話の中でも使用できる便利な言葉です。意味を理解し、適切に使用していきましょう。