「アナザースカイ」の意味とは?テレビ番組から生まれた言葉!

言葉

アナザースカイは第二の故郷という意味です。

アナザースカイは日本テレビの人気番組のタイトルにもなっているので、どのような意味なのか気になっていませんか?

この記事ではアナザースカイの意味から使い方まで詳しく解説しています。

 

☆「アナザースカイ」をざっくり言うと…

英語表記アナザースカイ(another sky)
意味①第二の故郷
②もう一つの空
類義語セカンドホーム
アナザースカイを見つける方法留学する
遠距離恋愛をする
自分探しの旅に出る など

「アナザースカイ」の意味

アナザースカイ

  1. (直訳)もうひとつの空
  2. (派生した意味)第二の故郷

アナザースカイは、第二の故郷という意味で使われることがほとんどです。

自分にとって、極めて重要な意味を持つ土地のことを表します。

アナザースカイは以下の2つの言葉をあわせてできました。

アナザースカイの成り立ち
  • another
    もうひとつの
  • sky

アナザースカイという言葉は、日本テレビで毎週金曜23時から放送されている人気番組のタイトルとしても利用されています。

この番組では、ゲストが人生のターニングポイントとなった場所を訪れ、そこで現地の人と交流します。

アナザースカイ(another sky)は和製英語

アナザースカイは和製英語で、英語圏で使っても通じない言葉です。

英語圏で第二の故郷について話したい時は “second home” という言葉を使うと良いでしょう。

「アナザースカイ」の使い方

アナザースカイは自分にとって重要な場所を表す時に用いられます。

具体的な例文を見ていきましょう。

  1. 私にとってのアナザースカイは、幼少期を過ごしたイギリスのロンドンです。
  2. いつか自分にとってのアナザースカイを見つけるための旅に出たいと思っている。
  3. アナザースカイを訪れ、思い出の地をめぐる。

「アナザースカイ」の類義語

アナザースカイには以下のような類義語があります。

  • セカンドホーム(second home)
    第二のふるさと

セカンドホームも、アナザースカイと同じく、第二の故郷を指します。

例文
  • Visit my second home and feel sentimental.
    (第二の故郷を訪れて感傷に浸る。)

「アナザースカイ」を見つける方法

この記事をお読みのあなたには、まだアナザースカイと呼べる場所がないかもしれません。

そんな人がアナザースカイを見つける方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 留学する
  • 遠距離恋愛をする
  • 自分探しの旅に出る
  • シェアハウスをする
  • 移住する

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

留学する

留学すると、留学先があなたのアナザースカイになる可能性があります。

留学では日本にいるだけでは経験できなかった新しいことをたくさん学べるため、人生の転機となる可能性があるからです。

特に学生の場合は時間が取れる今のうちに留学をしておくと良いですよ。

遠距離恋愛をする

遠距離恋愛をすると、相手が住んでいる場所がアナザースカイになる可能性があります。

言うまでもなく、恋愛では感情が大きく動くため、人生の転機となる可能性があるからです。

自分探しの旅に出る

自分探しの旅に出ると旅先がアナザースカイになるかもしれません。

旅はそれ自体が自分自身を見つめ直すきっかけになり、人生の天気になりやすいからです。

シェアハウスをする

シェアハウスをすると、シェアハウスをした場所がアナザースカイになるかもしれません。

特にシェアハウスで一緒に住んでいる人と家族のような関係になると、強い思い入れができるでしょう。

移住する

アナザースカイを見つける方法として、移住するというものも挙げられます。

移住すれば移住先、もしくは移住する前に住んでいた場所が第二の故郷になる可能性があるからです。

「アナザースカイ」のまとめ

以上、この記事ではアナザースカイについて解説しました。

英語表記アナザースカイ(another sky)
意味①第二の故郷
②もう一つの空
類義語セカンドホーム
アナザースカイを見つける方法留学する
遠距離恋愛をする
自分探しの旅に出る など

アナザースカイは主に第二の故郷という意味を表す言葉です。

あなたにとって、アナザースカイはどこですか?

ABOUT US

和佐 崇史
和佐 崇史
文章を書くこと、読むことが大好きな大学生です。中学2年生で漢検2級を取得するなど、言葉については詳しい自信があります。Webライターとしてはこれまで累計1,000記事以上を執筆してきました。