「アナライザー」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アナライザー」です。
「アナライザー」の意味、種類、使い方、語源、類義語、「アナライザータイプ」の意味についてわかりやすく解説します。

「アナライザー」の意味をスッキリ理解!

アナライザー(Analyzer):試料やデータを分析、解析するための装置あるいはソフトウェア

「アナライザー」の意味を詳しく

「アナライザー」とは、試料やデータを分析、解析するための装置あるいはソフトウェアのことです。

分析とは、ものを構成している要素をひとつひとつはっきりとさせることです。

「アナライザー」の種類

「アナライザー」は、何を測定したり、調べたりする機械なのかによって種類が異なります。

具体的には、以下のような「アナライザー」が存在します。

  • バイナリーオプションアナライザー
  • バッテリーアナライザー
  • オーディオアナライザー

それぞれの意味を見ていきましょう。

バイナリーオプションアナライザーの意味

「バイナリーオプションアナライザー」とは、バイナリーオプションという為替金融商品の取引の状況を分析するためのツールです。

バイナリーオプションはBOと略されるので、「バイナリーオプションアナライザー」も「BOアナライザー」と言われることがあります。

BOの値段の動きを解析し、必要な情報を提示してくれます。

バッテリーアナライザーの意味

「バッテリーアナライザー」とは、車のバッテリーの状態を測定して、診断するための分析器のことです。

車のバッテリーは、何年間も使っていると消耗します。そのバッテリーの状態を調べることができるのです。

「バッテリーアナライザー」があれば、個人でもバッテリーの状態を調べることができます。

オーディオアナライザーの意味

「オーディオアナライザー」とは、オーディオで流れる音声を分析するための機器のことです。

オーディオ機器の音声信号や音圧レベル、各種周波数特性などを感知して分析します。また、この結果を目で見てもわかるように数値化します。

アナログ・デジタルにかかわらず分析を行えます。

「アナライザー」の使い方

「アナライザー」には以下のような使い方があります。

  1. この実験は何のアナライザーによって行ったのですか?
  2. バッテリーアナライザーで長距離ドライブの準備をする。
  3. オーディオアナライザーでクラシックの分析を行う。

「アナライザー」の語源

「アナライザー」の語源は英語の “Analyzer” です。

「分析する」という意味の動詞 “analyze” に「~する人、~するもの」という意味の接尾語 “er” をつけたものです。

“Analyzer” の意味は以下の4つです。

  • 分析者
  • 分解者
  • 分析器
  • 検光器:光の偏光の程度や偏光の向きを調べるのに使う機器

カタカナ語には、「分析者」などの「分析を行う人」という意味はないので注意しましょう。

カタカナ語で「分析を行う人」と言いたい場合は「アナリスト」と言います。

「アナライザー」の類義語

「アナライザー」には以下のような類義語があります。

  • 分析機器
  • 分析計
  • 分析器

「アナライザータイプ」の意味

「アナライザータイプ」という言葉があります。これは、自己主張の強さと感情の出し具合によって人間を4タイプに分けた時のタイプの一種です。

4タイプの分類は以下の通りです。

  • アナライザータイプ:自己主張が弱く、感情を抑制する人間
  • サポータータイプ:自己主張が弱く、感情を表現する人間
  • プロモータータイプ:自己主張が強く、感情を表現する人間
  • コントローラータイプ:自己主張が強く、感情を抑制する人間

まとめ

以上、この記事では「アナライザー」について解説しました。

英語表記アナライザー(Analyzer)
意味試料やデータを分析、解析するための装置あるいはソフトウェア
「アナライザー」の種類バイナリーオプションアナライザー
バッテリーアナライザー
オーディオアナライザー
語源「分析するもの」という意味の英単語 “analyzer”
類義語分析機器、分析計、分析器
「アナライザータイプ」の意味自己主張が弱く、感情を抑制する人間

英単語との意味の違いを意識しましょう。