飲み比べたくなる!「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」の違い

違いのギモン

二十歳を超えると、飲み屋でお酒を飲む機会が増えると思います。ビールやサワー、カクテル、焼酎、日本酒などお酒には様々な種類があります。そしてそれらのお酒を「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」の三つに分類できることをご存知でしたか。

今回は、お酒を飲める大人だからこそ知っておきたい、「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」の違いを徹底解説します。

スポンサードリンク

結論:お酒の製造方法の違い

「醸造酒」は、穀物や果物に酵母を加えてアルコール発酵させたものです。

「蒸留酒」は、醸造酒に蒸留という工程を加えて作られるものです。

「混成酒」は、醸造酒や蒸留酒に果物や香料を加えたものです。

「醸造酒」とはどんなお酒?

醸造酒とは、穀物や果物をそのままの状態、あるいは糖化させたあと、酵母を加えてアルコール発酵させたものを指します。まず、醸造酒を作るのに必要な原料と酵母について話します。

原料となる穀物や果物の代表的な例が麦やブドウ、お米などです。これらの原料からビールやワイン、日本酒が作られます。

そして、酵母についてです。酵母とは、菌の一種です。糖分をアルコールと二酸化炭素に分解する働きを持ちます。

アルコール発酵させる三つの方法

それでは、具体的な製造方法について話します。実は、アルコール発酵させる方法は、三つあります。一つ目が、原料にそのまま酵母を加えて発酵する方法です。もし、原料に糖分が含まれていれば、酵母を加えるだけでアルコールと二酸化炭素に分解されます。

二つ目の方法が、原料を糖化して、その糖を酵母が発酵させる方法です。原料に糖分が含まれていない場合、まず糖化の工程を行ってから、アルコール発酵させるのです。

三つ目の方法が、糖化と酵母の発酵を一つの容器で同時期に行う方法です。

味について

醸造酒は酵母が発酵した後、手を加えることはほとんどありません。そして、多種多様な酵母を用いることでワインやビールなどの複数のアルコールが作られます。このように同じ醸造酒でも様々な味わいを楽しむことができます。

代表的な醸造酒

ワイン

ワインはブドウを原料とした醸造酒です。非常に古くから飲まれているお酒で、一説では紀元前八千年前から存在していたと言われています。そして、ブドウには糖分が含まれているため、糖化の工程を省いた製造方法で作られます。

皮が黒い「黒ブドウ」を使うと赤ワインになり、皮が緑色の「白ブドウ」を使うと白ワインになります。赤ワインを発酵させる途中で黒ブドウの皮を取り除くとロゼワインになります。

ワインの度数はおよそ6%から20%の間です。

ビール

ビールは大麦を発酵させた醸造酒です。大麦には糖分は含まれていないので、糖化を行ってから酵母を加えてアルコール発酵させます。

よく似たお酒として発泡酒がありますが、原料が少し異なります。ビールと同じ原料を使っていたとしても、その比率が低かったり、ビールに使用できる原料以外のものが多く含まれている場合、それらは発泡酒と呼ばれます。

ビールの度数はおよそ4%から6%の間です。

日本酒

日本酒は米を原料とした醸造酒です。麹(こうじ)という微生物が酵母の役割を担い、アルコール発酵させます。製造過程で水を加えたり、酵母を使わずにアルコールを添加することによって、色々な種類の日本酒が出来上がります。

日本酒の度数はおよそ15%から20%の間です。

スポンサードリンク

「蒸留酒」とはどんなお酒?

蒸留酒とは醸造酒のようにアルコール発酵をさせた後、さらに蒸留という工程を加えたものを指します。また、スピリッツとも呼びます。分かりやすく言えば、ビールを蒸留することでウィスキーができ、ワインを蒸留することでブランデーができ、日本酒を蒸留することで米焼酎ができるのです。

それでは、蒸留とはどういう工程なのか具体的に説明します。

蒸留とは、液体を加熱し、蒸気になった気体を冷やしてもう一度液体にすることです。つまり、蒸留工程では醸造酒を加熱し、その湯気を冷やして液体にすることで蒸留酒を作っているのです。

この工程を加えることで、醸造酒よりもアルコール度数の高いお酒を作り出すことができます。なぜなら、水よりもアルコールの方が沸点が低く、その性質を利用してアルコールだけを蒸発させることができるからです。蒸留された後、水を加えることによってさらにアルコール度数を調整します。

味について

蒸留酒は蒸留してアルコールを抽出しているので、含まれるアルコール成分は一種類のものが多いです。そのため、より直接的に原料の味を感じることができます。

謎の多い蒸留酒の起源

醸造酒は発酵という自然現象によって生まれたものと言えますが、蒸留酒は人の技術によって作られたものです。ある説では、紀元前三千年前のメソポタミア時代から存在していたと言われています。

そしてこの蒸留という技術は錬金術師と呼ばれた人々によって確立し、普及したと言われています。

蒸留酒の定番の飲み方

ストレート

ストレートは、蒸留酒に何も加えずに飲む、飲み方です。通常、蒸留酒のアルコール度数が高いので、ゆっくりと舐めるようにして味わいます。「チェイサー」と呼ばれる水と交互に飲みながら楽しみます。

親指ほどの背丈のグラスに入れられた蒸留酒のストレートは、「ショット」と呼ばれています。一気に流し込むようにして飲むのが特徴です。

ロック

ロックは、蒸留酒に氷を加えて飲む、飲み方です。正式名称は「オンザロック」で、ロックは略称です。

実は氷の大きさによって、味に変化が生まれます。大きな氷はゆっくりと溶け出すので、時間をかけて飲みたいときに、味の変化を感じながら味わうことができます。小さい氷は溶け出すのが早いので、始めからアルコールが薄まっていて、飲みやすいです。

水割り

水割りは、蒸留酒に水を加えて飲む、飲み方です。始めから水が加えられているので、アルコール度数も低く、飲みやすいです。水の他に、炭酸水やお茶、ジュースを加えて飲むこともあります。

チューハイ・サワー

チューハイ、もしくはサワーは、焼酎やウォッカなどの蒸留酒に果汁を加えて炭酸で割ったものを指します。チューハイという言葉の語源は「焼酎ハイボール」です。しかし、今では焼酎以外のお酒をベースにしたり、炭酸水以外のもので割るアルコール飲料もチューハイと呼ばれています。

代表的な蒸留酒

焼酎

焼酎とは米や麦、芋や黒糖などの原料を用いて作られる蒸留酒です。これらの原料は混ぜられることはほとんどありません。米焼酎は米だけが使われ、芋焼酎は芋だけが使われています。日本で、一番よく飲まれている蒸留酒だと言われています。

焼酎の度数はおよそ25%から35%の間です。

ウィスキー

ウィスキーとは大麦やライ麦など、ビールと似たような原料を用いて作られる蒸留酒です。ウィスキーもワインと同様に木樽の中で熟成させてから出荷されます。

日本の居酒屋などで見かけるハイボールはウィスキーによって作られています。ウィスキーを炭酸水で割り、少量のレモンを加えれば、ハイボールです。しかしこれは日本特有の飲み方で、ウィスキーが作られる本場のスコットランドでは何も加えずにストレートで飲むことが多いです。

ウィスキーの度数はおよそ40%から45%の間です。

ウォッカ

ウォッカとは大麦やジャガイモのなどの穀物を原料として作られる蒸留酒です。ウィスキーとは違い、蒸留した後は白樺(しらかば)の炭でろ過するだけで、熟成はしません。

ウォッカの度数はおよそ40%から60%の間です。

「混成酒」とはどんなお酒?

混成酒とは、醸造酒や蒸留酒に香料や果実などを加えて作られたものを指します。蒸留酒に香料などを加えたものを「リキュール」と呼びます。

混成酒は様々なお酒を元に作られるので、アルコール度数は元にしたお酒によって変わります。比較的アルコール度数の低いものから、非常に高いものまであるので、ラベルをよく確認してください。

混成酒は、醸造酒や蒸留酒と比べて容易に作ることができるため、種類が豊富です。そして、大まかに四つの種類に分けることができます。

混成酒の四つの種類

  1. 薬草や香草を加えたリキュール:歴史が古く、昔は不老不死の妙薬として飲まれていました。薬用効果を重視して作られました。
  2. 果実を加えたリキュール:香りや味を重視して作られます。混成酒の中でも生産量が多いと言われています。
  3. 種子を加えたリキュール:コーヒーやナッツなどを原料として作られます。
  4. そのほかの原料で作られるリキュール:クリームやヨーグルトなどを加えて作られるリキュールです。

代表的な混成酒

梅酒

梅酒は、青梅を蒸留酒に漬け込んで作る混成酒です。家庭で手軽に作れるお酒として知られています。一般的にホワイトリカーを用いて作られますが、最近ではブランデーやウィスキーで作られる梅酒も盛んに飲まれるようになりました。

ホワイトリカーとは、焼酎の一種です。無味無臭なので、果実酒を作るときに使われることが多いです。

梅酒の度数はおよそ20%くらいです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」の違いについて説明しました。

  • 醸造酒:穀物や果物を原料とし、酵母を加えることでアルコール発酵させたお酒
  • 蒸留酒:アルコール発酵させたものをさらに蒸留することで作られるお酒
  • 混成酒:醸造酒や蒸留酒に果物やハーブを加えることで飲みやすくしたお酒

私たちの身近には、様々な製造方法で作られたお酒があります。それらを飲み比べて、自分のお気に入りのお酒が見つかるといいですね。

スポンサードリンク