「顎クイ」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

「顎クイ」とは「相手の顎を持ち上げて自分の方を向かせる動作」という意味です。

若者が使う言葉は流行の流れが激しく、覚えるのが大変ですよね。

男性に「顎クイ」されて、彼の心理が知りたいと思っている人もいるかもしれませんね。

この記事では、「顎クイ」の意味や使い方、「顎クイ」をする男性心理や特徴まで詳しく解説します。

「顎クイ」の意味

あごクイ

相手の顎を持ち上げて自分の方を向かせる動作

「顎クイ」は、主に男性が相手の女性の顎を指で持ち上げ、自分の方に顔を向かせることです。

以下の画像のような動作です。

↑顎クイ
[出典:フリー素材のぱくたそ]

「顎クイ」は、男性が女性に行うだけではなく、女性が男性に行う場合もあります。

また、男性同士、女性同士で行うこともあります。

相手に対しての恋愛感情や、相手を問いただしたい気持ちを表します。

「顎クイ」の成り立ち

「顎クイ」は以下のように成り立っています。


  • 顔の下部分にある器官
  • クイ
    持ち上げる時の擬音

つまり、顎をクイっと持ち上げるため、「顎クイ」というのです。

「顎クイ」の種類

「顎クイ」には以下のような種類があります。

  • ノーマルな顎クイ
    片手の指で顎クイすること
  • 両手で顎クイ
    両手を使って顎クイすること
  • 顎クイキス
    「顎クイ」してからキスをすること
「顎クイ」の誤用

「顎クイ」は、主に恋愛のシチュエーションで、相手の顎を持ち上げることです。

以下の場面では、たとえ顎を持ち上げる動作であっても「顎クイ」とは表現しませんので、混同しないように注意しましょう。

  • 歯医者での治療行為
  • 人工呼吸

「顎クイ」の由来

「顎クイ」の由来は、ファッションモデル・前田希美さんのツイートだとされています

前田希美さんは、以下のような経歴をもつファッションモデルです。

1993年埼玉県に生まれる
2005年
〜2010年
ファッション雑誌『ピチレモン』の専属モデル
2011年
〜2017年
女性向けファッション雑誌『Popteen』の専属モデル

2000年代後半、「壁ドン」という言葉が流行しました。

「壁ドン」は、主に男性が女性を壁際に追い詰めて、手を壁にドンと突き迫ることです。

以下の画像のような動作です。

↑壁ドン
[出典:フリー素材のぱくたそ]

これを受けて、2014年に前田希美さんが画像と一緒に以下のようなツイートをしました。

最近は、【壁ドン】より、
顎クイ】に萌える。
[出典:@Maeda_Nozomi]

このツイートをきっかけに、主に男性が女性の顎を持ち上げる好意を「顎クイ」と表現することが流行しました。

「顎クイ」は、2014年「女子中高生 流行っていたモノ・コト ランキング」で9位に入賞しました。

「壁ドン」とは?

主に男性が女性を壁際に追い詰めて、手を壁にドンと突き迫ることです。

2014年「ユーキャン新語・流行語大賞」ではトップ10、Abemaが行った「女子中高生 流行っていたモノ・コト ランキング」では1位に入賞しました。

「顎食い」とは?

「顎食い」とは、「顎クイ」という言葉が流行し始めた時に、「顎食い」と表記するのではないかと勘違いされた言葉です。

「 “顎クイッ” と表記すれば、このような勘違いは起こらなかったのではないか」という声もあります。

「顎クイ」を使う場面・例文

「顎クイ」を使う場面と例文をそれぞれ見ていきましょう。

「顎クイ」を使う場面

「顎クイ」は、主に以下のような場面で使われます。

  • 現実世界
  • 少女漫画
  • 恋愛映画
  • 恋愛シミュレーションゲーム
  • ギャグシーン
    ※容姿が美しくない場合

一般的に、「顎クイ」を漫画や映画などのフィクションで描く場合、容姿が美しい2人によって行われます。

そのため、容姿が美しくない2人が行う場合は、恋愛のシチュエーションではなく、ギャグシーンとして描かれることが多いです。

「顎クイ」の例文

「顎クイ」を使った例文には以下のようなものがあります。

例文
  1. 一度でいいから、中島健人に顎クイされてみたい。
  2. 彼のことはなんとも思っていなかったけど、ふざけて顎クイされた時ドキドキした。
  3. 好きでもない人に顎クイされても気持ち悪いだけだ。

「顎クイ」をする男性心理

「顎クイ」をする男性は、以下のような心理があるとされます。

  1. キスしたい
  2. 好意を伝えたい
  3. 女性の気持ちを確かめたい
  4. 女性をドキドキさせたい
  5. やってみたい

それぞれ見ていきましょう。

男性心理①キスしたい

1つ目は、女性にキスしたい気持ちがあるためです

一般的に、男性は女性よりも身長が高いことが多いです。

そのため、男子が女性にキスするためには相手の顎を持ち上げて自分の方を向かせる必要があります。

したがって、自然にキスするために無意識に「顎クイ」を行うこともあります。

男性心理②好意を伝えたい

2つ目は、女性に自分の好意を伝えたいと思っているためです

「顎クイ」は、相手の顔に触れ、距離も近づく動作です。

一般的にシャイであるとされる日本人の男性がそのような行いをするということは、特別な感情があると考えられます。

男性心理③女性の気持ちを確かめたい

3つ目は、女性が自分をどう思っているか気持ちを確かめたいためです

ほとんどの場合、「顎クイ」される側の女性の反応によって、気持ちが確かめられます。

これは、2人の関係性を進める上で、言葉を使わない確認にもなります。

男性心理④女性をドキドキさせたい

4つ目は、女性をドキドキさせたいためです

「顎クイ」は、日常生活の中であまり行う機会がないため、女性はドキドキすることが多いです。

また、「顎クイ」の後はキスに至る可能性が高いため、次の展開が予想できてドキドキします。

それを理解している男性は、女性にドキドキしてもらうために「顎クイ」します。

男性心理⑤やってみたい

5つ目は、自分も「顎クイ」をやってみたいためです

「顎クイ」は多くの女性から人気で、女性をドキドキさせられる動作として有名です。

そのため、自分も「顎クイ」をして女性に喜んでほしいと思っているのです。

「顎クイ」をされた女性心理

「顎クイ」をされた女性は、以下のように2通りの心理になるとされます。

  1. ポジティブな心理
  2. ネガティブな心理

それぞれ見ていきましょう。

女性心理①ポジティブな心理

まず、相手のことが好きである場合は、顎クイをされるとポジティブな心理になります

具体的には、以下のような気持ちになります。

好きである場合
  • 男らしさを感じる
  • ドキドキする

相手の男性が好きでない場合も、ギャップを感じてポジティブな心理になることがあります。

女性心理②ネガティブな心理

一方、相手のことが好きではない場合、顎クイをされるとネガティブな心理になります

好意をもっていない相手から顎クイをされても、気持ち悪いと感じることがほとんどだからです。

好きであったとしても、時と場所をわきまえないと「常識がない」と感じることもあります。

触られたくないこともあるため注意

「顎クイ」をされる女性は、「顔に触られたくない」という心理がある場合もあります。

顎にコンプレックスをもっていたり、潔癖症だったりと様々な理由で顔に触られたくない女性もいますので、「顎クイ」をする時は注意しましょう。

「顎クイ」をする男性の特徴

「顎クイ」をする男性の特徴には、以下のようなものがあります。

これから紹介する特徴は、あくまでも一般的な傾向です。

下記で挙げる特徴に当てはまらなくても、「顎クイ」をする男性はいます。

  1. 自信がある
  2. 独占欲がある
  3. 口下手である

それぞれ見ていきましょう。

男性の特徴①自信がある

「顎クイ」をする男性は、自分に自信があります

自分の容姿や性格に自信があるため、相手が自分に「顎クイ」をされたら喜ぶと思っているのです。

そのため、以下のような自信もあることが多いです。

  • 現在、相手が自分を好きである自信
  • これから、相手に自分を好きにさせる自信
  • 「顎クイ」をしても、相手が自分を嫌いにならない自信

男性の特徴②独占欲がある

「顎クイ」をする男性は、独占欲が強いことが多いです

「顎クイ」は相手に自分だけを見させる動作です。

相手を誰にも渡したくないと思う気持ちが強いため、「顎クイ」をするのです。

男性の特徴③口下手である

「顎クイ」をする男性は、口下手であることが多いです

言葉で伝えることが苦手であるため、行動で気持ちを伝えようとするのです。

「顎クイ」をしたくなる女性の特徴

男性が思わず「顎クイ」をしたくなる女性の特徴には、以下のようなものがあります。

  1. 身長が低い
  2. 容姿や仕草が可愛らしい
  3. 隙が多い

それぞれ見ていきましょう。

女性の特徴①身長が低い

「顎クイ」をしたくなる女性は、身長が低いことが多いです

男性は、自分より15cm以上身長が低い女性に対して、本能的に「守りたい」と思いやすいです。

そのため、小柄な女性は男性に「顎クイ」したいと思われることが多いのです。

女性の特徴②容姿や仕草が可愛らしい

「顎クイ」をしたくなる女性は、容姿や仕草が可愛らしいことが多いです

女性らしい容姿や仕草に、男性は魅力を感じやすいからです。

女性の可愛らしい仕草として代表的なものには以下のようなものがあります。

  • 上目遣いをする
  • 微笑む

女性の特徴③隙が多い

「顎クイ」をしたくなる女性は、相手に隙が多い印象を与えます

少し抜けていて、親しみやすい女性には、男性は「リードしなくては」と思いやすいです。

そのため、受け身で控えめな女性は「顎クイ」したいと思われることが多いのです。

「顎クイ」をしたくなる瞬間

男性が思わず女性に「顎クイ」したくなる瞬間は以下のようなものがあります。

  1. 女性が下を向いている時
  2. 女性に魅力を感じた時
  3. 女性に嫉妬した時
  4. 女性と綺麗な景色を見ている時
  5. 女性から「顎クイ」された時

それぞれ見ていきましょう。

①女性が下を向いている時

1つ目は、女性が下を向いている時です

女性が以下のような理由で下を向いている時、男性は思わず「顎クイ」して上を向かせたくなることが多いです。

下を向いている理由の例
  • 照れている時
  • 落ち込んでいる時
  • 喧嘩してすねている時

②女性に魅力を感じた時

2つ目は、女性に対し魅力を感じた時です

女性を魅力的に感じると、もっとよく見たいと思うため、「顎クイ」して自分の方を向かせます。

魅力を感じる時の例
  • 髪型やメイクを変えた時
  • 甘えてきた時
  • 色気を感じた時

③女性に嫉妬した時

3つ目は、女性に対して嫉妬した時です

女性が他の男性の話をするなど、嫉妬する時があると、「こっちを向いてほしい」という気持ちが行動に現れるためです。

④女性と綺麗な景色を見ている時

4つ目は、女性と一緒に綺麗な景色を見ている時です

綺麗な景色を一緒に見ると男女ともに気持ちが高まり、キスをしやすい雰囲気になるからです。

綺麗な景色には、主に以下のようなものがあります。

綺麗な景色
  • 夜景
  • 花火
  • イルミネーション

⑤女性から「顎クイ」された時

5つ目は、男性のほうが先に女性から「顎クイ」された時です

一般的には男子が女性にするイメージがある「顎クイ」を女性にされたら、男性からすれば悔しいですし対抗心がわきます。

男性は闘争心が強いことが多いため、自分も女性に「顎クイ」することが多いです。

「顎クイ」をされた時の反応

「顎クイ」された時の反応を、パターン別に紹介します。

  1. 男性のことが好きな場合
  2. 男性のことが好きではない場合

それぞれ見ていきましょう。

反応①男性のことが好きな場合

男性のことが好きな場合の反応は、以下のようなものがあります。

  • 本気ではない抵抗をする
  • 恥ずかしがる
  • 見つめる
  • 目を閉じる

反応②男性のことが好きではない場合

男性のことが好きではない場合の反応は、以下のようなものがあります。

  • 本気の抵抗をする
  • 嫌がる
  • 怒る
  • 逃げる

「顎クイ」をする時の注意点

「顎クイ」をする時は、以下のような注意点があります。

  1. 好意をもたれている人に行う
  2. 容姿に自信がある状態で行う
  3. 身だしなみに気をつける
  4. 身長差に気をつける

それぞれ見ていきましょう。

注意①好意をもたれている人に行う

「顎クイ」は、確実に自分に好意をもっていると思う人に対して行いましょう

もし、相手が自分に好意をもっていない場合、ナルシストだと思われてしまいます。

したがって、交際関係にあるなど、確実に相手が自分に好意をもっている場合にのみ行うことが無難です。

注意②容姿に自信がある状態で行う

「顎クイ」は、一般的に、自分の容姿に自信がある人が行います

なぜなら、「顎クイ」は漫画や映画などフィクションの世界で行われることが多いため、容姿が優れている人が行うイメージがあるからです。

相手と顔をかなり近づける動作ですので、自分の顔を相手にしっかり見せても平気である自信がないと、逆効果です。

注意③身だしなみに気をつける

「顎クイ」する時には、身だしなみに気をつけましょう

相手体をかなり近づける動作ですので、顔だけでなく、全体的に身だしなみで不快感をもたれないように心がけることが大切です。

特に以下の点には気をつけましょう。

  • 鼻毛が出ていないようにする
  • 口臭がきつくないようにする
  • 体臭がきつくないようにする

注意④身長差に気をつける

「顎クイ」する時には、自分と相手の身長差に気をつけましょう

相手との身長差が極端にある場合、「顎クイ」がうまく出来ないことがあります。

「顎クイ」が流行した理由

「顎クイ」が流行した理由には、以下のようなものがあります。

  1. 草食系男子の増加
  2. 漫画の実写化が増加

それぞれ見ていきましょう。

流行の理由①草食系男子の増加

1つ目の理由は、草食系男子だといわれる男性が増加したことです

草食系男子が増加したことで、女性を引っ張っていくような男性は少なくなりました。

そのため、「顎クイ」のように男性に強引に引っ張ってほしいという願望が現れているとされます。

草食系男子とは?

草食系男子とは、恋愛の優先度が低く、女性に対して奥手である男性のことです。

2009年「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10に入賞しました。

流行の理由②漫画の実写化が増加

1つ目の理由は、漫画を実写化した作品が増加したことです

主に少女漫画の実写映画化がさかんに行われたため、少女漫画の内容が多くの人に知られるようになりました。

その結果、「顎クイ」という動作があることも多くの人に伝わったとされます。

実写化した漫画には以下のようなものがあります。

  • 『黒崎くんの言いなりになんてならない』
  • 『わたしに××しなさい!』
  • 『愛を歌うより俺に溺れろ!』

「顎クイ」されたい有名人

女性が「顎クイ」されたいと思う有名人として、ネット上でよく名前が挙がる男性には、以下のような人物がいます。

  • 佐藤健(さとう たける)
  • 中島健人(なかじま けんと)
  • 松本潤(まつもと じゅん)

※敬称略

3人とも、漫画の実写化作品に多数出演しています。

それぞれ見ていきましょう。

有名人①佐藤健

佐藤健(さとう たける)は、1989年生まれの俳優です。


[出典:佐藤健 – 映画.com]

つり目とキリッとした眉の容姿が、「顎クイ」をしたら似合うとされています。

主な出演作は以下のようなものがあります。

佐藤健の出演作
  • 『カノジョは嘘を愛しすぎてる』
  • 『メイちゃんの執事』
  • 『るろうに剣心』

有名人②中島健人

中島健人は、男性アイドルグループ「Sexy Zone」のメンバーです。


[出典:Sexy Zone Official Site]

優しそうな容姿で「顎クイ」をしたらギャップでドキドキするため、似合うとされています。

主な出演作は以下のようなものがあります。

中島健人の出演作
  • 『銀の匙 Silver Spoon』
  • 『黒崎くんの言いなりになんてならない』
  • 『ニセコイ』

有名人③松本潤

松本潤は、男性アイドルグループ「嵐」のメンバーです。


[出典:Johnny’s net]

男性らしい容姿のため、「顎クイ」をしたら似合うとされています。

主な出演作は以下のようなものがあります。

松本潤の出演作
  • 『僕は妹に恋をする』
  • 『花より男子』シリーズ
  • 『失恋ショコラティエ』

関連:「顎クイ」以外の恋愛に関する語

「顎クイ」は、主に恋愛のシチュエーションで、男性が女性に行う動作です。

その他にも、恋愛のシチュエーションでよく行われる動作には以下のようなものがあります。

  • 壁(かべ)ドン
    ①隣の部屋がうるさい時に壁を殴ること
    ②主に男性が女性を壁際に追い詰めて、手を壁にドンと突き迫ること
  • 壁ギュ
    主に男性が、女性を壁際に追い詰めた状態で抱きしめること
  • 床(ゆか)ドン
    床に押し倒した相手の顔の横に手を置くこと
  • 股(また)ドン
    壁に相手を追い詰めて相手の股の間に足を入れること
  • 網(あみ)トン
    網戸を叩いて虫を追い払うこと
  • 肩ズン
    主に男性が弱音を吐きながら女性の方に頭を乗せること
  • 腕グイ
    主に男性が女性の腕を引っ張ること
  • 袖クル
    後ろから相手の袖をまくること
  • 耳つぶ
    主に男性が女性の耳元で甘い言葉をささやくこと
  • 頭ぽんぽん
    相手の頭を優しくなでること
  • あすなろ抱き(なろ抱き)
    後ろから相手を抱きしめること

上記のうち、「網トン」は虫を追い払う動作ですが、「女性が男性にしてもらったらときめく」動作として認識されています。

「顎クイ」のまとめ

以上、この記事では「顎クイ」について解説しました。

読み方顎(あご)クイ
意味相手の顎を持ち上げて自分の方を向かせる動作
由来前田希美さんのツイート
恋愛に関する語壁ドン
壁ギュ
床ドン など

「顎クイ」は、女性が憧れる代表的な動作だといえるでしょう。

相手に嫌われないという自信がある場合のみ、行うとよいですね。

ABOUT US

間山智賀
間山智賀
自称、誤字キラー。 Web記事でも誤字脱字を見逃しません。言葉が大好きです。 大学では言葉遊びについて研究していました。マイブームは日本語ラップを聴くこと。