「アフィリエイト」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アフィリエイト」です。

「アフィリエイト」の意味・使い方・関連語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「アフィリエイト」とは?

アフィリエイト(affiliate):成果報酬型のネット広告の一種

「アフィリエイト」の意味を詳しく

アフィリエイトとは、一言でいうとネット広告を利用して収益を上げる手法のことです。

ユーザーがサイトに貼られた広告をクリックして、リンク先のページの商品を購入することでサイト主に収益が入ります。

パソコンが一台あれば、個人でも自宅で気軽に始められることから、近年自分でサイトを立ち上げてアフィリエイトを始める人が増えています。

 

アフィリエイトの世界には、「広告主・ASP・アフィリエイター」の3つのプレーヤーが存在します。

そして、ネットでの集客を増やしたい広告主のために、ASPが広告リンクを作成して、それをアフィリエイターが利用できるように調整しているのです。

広告主には集客を増やせるというメリットがあり、ASPには仲介手数料をもらえるというメリットがあり、アフィリエイターにはお金を稼げるというメリットがあります。

つまり、アフィリエイトとは、「広告主・ASP・アフィリエイター」の3者全てにメリットがあるビジネスモデルなのです。

スポンサードリンク

「アフィリエイト」の使い方

  1. アフィリエイト広告から収益を得ている人は、アフィリエイターと呼ばれます。
  2. 現在では、アフィリエイトと聞くと「悪い商売方法」をイメージする人は少なくない。
  3. トップ1%の人は、アフィリエイトのみで毎月1000万円以上の収益を得ている。

アフィリエイトという言葉は、WEBマーケティングの世界でのみ使われる言葉です。

よって、文脈によって意味が左右されないため、どんな状況でも「成果報酬型のネット広告」という意味で通じます。

ただ、アフィリエイトのことを「情報商材をネズミ講形式で販売する悪い商売方法」と勘違いする人は少なくありません。

たしかに、アフィリエイトは「ユーザーが商品を購入することで収益が入る広告ビジネス」ですが、商材は無形だけでなく現物もあります。

また、法的にも問題のない正規のビジネスモデルなので、間違わないように気をつけましょう。

「アフィリエイト」の関連語

アフィリエイトはWEBマーケティングの世界で使われる言葉ですので、初めて耳にする人には理解が難しいことでしょう。

そこで、アフィリエイトという言葉をもっと理解できるように、以下に関連語をまとめました。

興味がある人は、自分で詳しく調べてみるといいでしょう。

広告主:集客を増やすために、アフィリエイト広告を貼ってもらいたい企業のこと

ASP(Affiliate Service Provider):広告主とアフィリエイターをつなぐ企業のこと

アフィリエイター:アフィリエイトで収益を得ている個人・企業のこと

SEO(検索エンジン最適化):多くの人に広告を貼ったサイトを見てもらうためのテクニック

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「アフィリエイト(affiliate)」について解説しました。

英語表記 アフィリエイト(affiliate)
意味 成果報酬型のネット広告の一種
関連語 広告主、ASP(Affiliate Service Provider)、アフィリエイターなど

アフィリエイトの最大の魅力は、初期費用がほとんどかからないことです。

よって、パソコンが1台あれば、誰でも自宅で気軽に始めることができます。

もしあなたが、ネットビジネスでお金を稼ぎたいと思っているのならば、まずはアフィリエイトから始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク