「アドバンス」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アドバンス」です。

「アドバンス」の意味・使い方・語源・類義語について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「アドバンス」とは?

アドバンス(advance):前進

「アドバンス」の意味を詳しく

「アドバンス 」は「前進」というのが主な意味のカタカナ語です。他にも「進歩」という意味があります。前に進む行為や以前よりも進んだ状況のことについて「アドバンス」と表現します。

また、「前もって」という意味もあります。こちらは時間的に見て「先に」という意味です。この用法では「お金」について述べている場合が多いです。特に「前払い金」です。何かサービスを利用する際に、最初に払う一定の金額のことを指しています。

スポンサードリンク

「アドバンス」の使い方

  1. アドバンスコースでは、レベルの高い授業が行われる。
  2. こちらの製品はアドバンス版になるので、満足度が高い。
  3. 受付でスタッフにアドバンスを支払う。

「アドバンス」を利用するのは、状況や状態について述べるときが多いです。また、「アドバンス」には、他の単語を伴って使う場合が多いという特徴があります。たとえば、「アドバンスジェネレーション」です。「次世代」という意味です。

また、「アドバンスする」というような使い方はしないので注意するようにしましょう。

①の例文に出でくる、「アドバンスコース」とは「上級課程」のことです。「アドバンス」は「上級」という意味で使われることもあります。他の人よりも前進しているのですから、周りの人たちよりレベルが高いわけです。そのため、「上級」という意味があるのです。

「アドバンス」の語源

「アドバンス」の語源は英語の advance です。カタカナ語と同じような意味があります。しかしながら、「促進する」「前もって貸す」「提出する」という意味はカタカナ語の「アドバンス」にはないので、注意するようにしましょう。

スポンサードリンク

「アドバンス」の類義語

「アドバンス」には以下のような類義語があります。

  • プログレス:前進
  • アッパー:上の
「プログレス」は「前進」という意味のカタカナ語です。英語の progressが語源です。英語だけではなく、フランス語やロシア語でも同じ単語があり、「前進する」という意味です。

その他にも「進歩」「向上」という意味があります。実際の用法としては「今日はとてもプログレスした」「プログレスできた」と言う使い方をします。何か物事に取り組んでいて、達成度が大きい状態を表すときに使用します。

また、名詞として使用されることがあります。名詞として使う「プログレス」は一般的に、1978年にソ連が打ち上げに成功した「無人宇宙輸送機」のことで、辞典にも載っているほどです。

 

「アッパー」は「上の」という意味のカタカナ語です。他にも様々な意味があります。「靴の足の甲部分」「下から上に顎を殴る動作」です。特に殴る動作はボクシング用語として使用します。

「アドバンス」と似ているのは、「上級」という意味です。たとえば、普通よりもレベルの高いクラスのことを「アッパークラス」と表現します。他にも「アッパーレベル」という表現もあります。

「アドバンス」は「前方に進む」という意味合いですが、「アッパー」の場合は「上に登る」という意味合いです。

まとめ

以上、この記事では「アドバンス」について解説しました。

英語表記 アドバンス(advance)
意味 前進
語源 英語の “advance”
類義語 プログレス、アッパーなど

「アドバンス」は生活にとても密接している単語です。日常生活の至るところで「アドバンス」というカタカナ語を見ることができます。その分、きちんと意味を理解しておかなければ困りますね。

ぜひこの記事で「アドバンス」の意味や使い方を理解して、実際の生活でも役立てるようにしましょう。

スポンサードリンク