「アディオス」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アディオス」です。

「アディオス」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

「アディオス」の意味をスッキリ理解!

アディオス(adiós):さようなら

「アディオス」の意味を詳しく

「アディオス」は「さようなら」が主な意味のカタカナ語です。

カジュアルな場面で「またね」という意味合いで使われることもあるカタカナ語ですが、基本的には二度と会うことがない意味での「さようなら」を指します。

 

また、「アディオス」はスペイン語がカタカナになった言葉です。これがカタカナ語になりました。

「アディオスアミーゴス」と言えば、「友よ、さようなら」という意味になります。この名前のお酒もあります。

東京ディズニーリゾートでの意味

「アディオス」を東京ディズニーリゾートで使う時は、「行ってらっしゃい」の意味になります。そのため、「アディオス」は「さようなら」という意味ではなく、「行ってらっしゃい」である点に注意しましょう。

「アディオス」の使い方

  1. 嫌いだった自分にアディオスと言って別れを告げた。
  2. アディオス!またどこかで!
  3. アディオスアミーゴスを飲んでみた。

①の例文は自分自身に対しての決別を表しています。今まで嫌いだった自分の内面や外見を「変えよう」と思い切って決断した心情を表しています。

②の例文は、別れを告げる時に使います。この例文ではシンプルに「アディオス!」とだけ表現しています。旅など、一期一会の出会いに使用できます。

③は、お酒に関する例文です。「アディオスアミーゴス」は、本来「友よ、さようなら」という意味ですが、お酒の名前としても使われます。

「アディオス」の語源

「アディオス」の語源はスペイン語の“adiós”です。

カタカナ語の「アディオス」では、スラングとして、軽いニュアンスで使われることもありますが、スペイン語の“adiós”は、二度と会えない別れの際に使われます。

 

実際に、スペイン語では実際に「Adiós, amigo(アディオスアミーゴ)」と表記します。“amigo”の意味が「友達」なので、「さようなら、友達」という意味合いになります。

また、スペイン語で、「またね」という軽いニュアンスで「さようなら」と言いたい場合は、「Hasta luego(アスタ ルエゴ)」「Chao(チャオ)」を使います。

 

ちなみに、イタリア語では「アディオス」ではなく、「アディオ」と発音します。カタカナ語で「アッディーオ」と表記する場合もあります。また、イタリア語でも軽いニュアンスで「さようなら」と言いたい場合は、「Chao(チャオ)」を使います。

「アディオス」の類義語

「アディオス」には以下のような類義語があります。

アデュー

「アデュー」は「ごきげんよう」「さようなら」という意味です。同じ意味のフランス語の“adieu”が語源です。

さらに語源をさかのぼると、“à dieu”になります。方向を表す前置詞“à”と「神」を意味する“dieu”が一緒になっています。

直訳で、「神の方へ」になりますが、意訳すると「生死の別れをする」になります。そのため、「アディオス」と「アデュー」はともに、軽々しい別れの時には使いません。

まとめ

以上、この記事では「アディオス」について解説しました。

英語表記アディオス(adiós)
意味さようなら
語源スペイン語の“adiós”
類義語アデューなど

「アディオス」は日常生活でもよく使う単語です。やはり、意味が分からないと困る時もあります。しかし、語源がスペイン語なので戸惑うこともあるでしょう。

ぜひ、この記事を参考にして「アディオス」の意味や使い方を覚えましょう。