「アダプター」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アダプター」です。
「アダプター」の意味、「アダプター」が付く言葉、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

「アダプター」の意味をスッキリ理解!

アダプター(adapter):種類の違うものを接合・接続するための仲立ちの役割を果たす器具や装置

「アダプター」の意味を詳しく

「アダプター」とは、種類の違うものを接合・接続するための仲立ちの役割を果たす器具や装置のことです。

機能や種類は同じか近いけれど、そのままでは接続ができない機器同士の間に差し込みます。主に端子形状や信号形式、電気的特性などが異なるものを、間を流れる信号や電流などをお互いに適した形式に変換して通過させる装置などを指します。

また、ここから中継機能を持ったソフトウェアやシステムなどをアダプターと言うようにもなりました。

「中継機能を持ったソフトウェア」とは、異なる種類の機器やソフトウェア、システムをつないでデータや処理依頼などの受け渡しの仲介をしたり、形式の相互変換をしたりするものです。

「アダプター」が付く言葉

「アダプター」とは、種類の違うものを接合・接続するための仲立ちの役割を果たす器具や装置のことを指すので、何を接続するかによって、種類が異なります。

また、機械以外にも「アダプター」のつく言葉があります。

  • LANアダプター
  • ACアダプター
  • アダプタータンパク質
  • マウントアダプター

それぞれの意味を見ていきましょう。

LANアダプターの意味

LANアダプターとは、パソコンとLANケーブルをつなぐための機械のことです。

LANケーブルとは、インターネットを有線で利用する際にパソコンにつなぐための線のことです。

ACアダプターの意味

ACアダプターとは、電子機器とコンセントの仲介をする機械のことです。

コンセントから出てくる電圧の大きさと、コンセントにつなぐ電子機器が許容できる電圧の大きさが異なるときに使います。

基本的には、コンセントからは強力な電圧で電気が流れるので、その威力を弱める目的で使われます。

アダプタータンパク質の意味

アダプタータンパク質とは、体内で送受信される信号を仲介する役割があるタンパク質です。

アダプタータンパク質には、他のタンパク質との結合に関与する機能があります。

これを使って信号(シグナル)を送る分子と結びつき、その信号を受けとる部分との仲介をするのです。

マウントアダプターの意味

マウントアダプターとは、カメラ本体のレンズマウントとレンズの大きさが一致しないときに、仲介して装着できるようにする機器のことです。レンズマウントとは、カメラ本体のレンズを取り付ける溝の部分のことです。

一眼レフなどのカメラでは、カメラ本体からレンズを取り外して別の種類のレンズに付け替えができます。しかし、レンズの種類によっては、カメラのレンズマウントのサイズと合わないことがあるのです。

そのときに、マウントアダプターを使って装着できるようにします。

「アダプター」の使い方

「アダプター」には以下のような使い方があります。

  1. アダプターを忘れて接続ができない。
  2. レンズのサイズを間違えたので、マウントアダプターを購入した。

「アダプター」の語源

「アダプター」の語源は英語の “adapter” です。

「適合させる」という意味の動詞 “adapt” に、 “er” を付けて名詞化したものです。

つまり、 “adapter” には「適合させるもの」という意味があります。

「アダプター」の類義語

「アダプター」には以下のような類義語があります。

  • コネクター:電線と電気器具とを接続するための部品。

まとめ

以上、この記事では「アダプター」について解説しました。

英語表記アダプター(adapter)
意味種類の違うものを接合・接続するための仲立ちの役割を果たす器具や装置のこと
「アダプター」が付く言葉LANアダプター
ACアダプター
アダプタータンパク質
マウントアダプター
語源「適合させるもの」という意味の英語 “adapter”
類義語コネクター

「アダプター」は「適合させるもの」というイメージを持っておきましょう。