「アチーブメント」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アチーブメント」です。

「アチーブメント」の意味・使い方・語源・類義語・対義語についてわかりやすく解説します。

「アチーブメント」の意味をスッキリ理解!

アチーブメント(achievement):成し遂げる、成果

「アチーブメント」の意味を詳しく

「アチーブメント」は「成し遂げる」「成果」という意味のカタカナ語です。

たとえば、50メートルを5秒で走ることを目標にしていたとします。実際にその目標を達成することができたなら、その状況を「アチーブメント」と言います。

「成果」の意味はよくビジネス用語として使います。たとえば、「売上ランキングで1番になる」「過去最高の業績」というのが具体例としてあげられらます。

「アチーブメント」の使い方

  1. かつてないほどのアチーブメントを達成する。
  2. アチーブメントテストを受けたが撃沈した。
  3. ゲームでアチーブメント報酬としてポイントを得た。

「アチーブメント」はビジネス用語として使うことが多いです。①の例文の「アチーブメント」は「成果」という意味です。

単純に目指していた目標を達成したという時や、他人に自慢できるくらいの業績を達成した時に使うことができます。

 

②の例文の「アチーブメントテスト」とは「到達度テスト」のことで「学力テスト」と呼ばれることもあります。つまり、現時点でどれほどの学習内容を理解しているのかチェックするテストのことです。「テスト」まで含めずに「アチーブメント」と省略する場合もあります。

③はゲームに関する例文です。ゲームでは「達成記録」という意味合いで使います。たとえば、何かステージをクリアした場合には、達成の記録としてトロフィーが貰えることがあります。このトロフィーを「アチーブメント」と言う場合もあります。

「アチーブメント」の語源

「アチーブメント」の語源は英語のachievementです。

意味はカタカナ語と似ていて、「達成」「成果」です。これらの意味に似ていますが、社会学用語として「努力や努力によって得ることができる社会的地位」という意味もあります。

「アチーブメント」の類義語

「アチーブメント」には以下のような類義語があります。

コンプリート

「コンプリート」は「完成」「完全な」という意味のカタカナ語です。「目的をコンプリートする」と言いますね。「アチーブメント」と比べて、「目標を完全に達成する」という意味合いが強いです。

リザルト

「リザルト」は「結果」という意味のカタカナ語です。あまり使用する頻度は高くないです。よい結果も悪い結果も「リザルト」と言います。

クリア

「クリア」は「失敗せずに通過すること」という意味です。特にゲームなどで「クリア」を使います。「ミッションクリア」と言いますね。しかし、「アチーブメント」のように「達成」という意味合いはないです。

「アチーブメント」の対義語

「アチーブメント」には以下のような対義語があります。

アスクリプション

「アスクリプション」とは「努力やスキル以外で達成すること」の意味です。特に家柄やコネなど、本人が努力しなくてもよい結果が出てしまうことを言います。

結果はよくても、「アチーブメント」と異なってそこに行き着くまでの過程が違います。

まとめ

以上、この記事では「アチーブメント」について解説しました。

英語表記アチーブメント(achievement)
意味成し遂げる、成果
語源英語のachievement
類義語コンプリート、リザルト、クリアなど
対義語アスクリプションなど

「アチーブメント」は日常生活でもよく使う単語です。やはり、意味が分からないと困る時もあります。

ぜひ、この記事を参考にして「アチーブメント」の意味や使い方を覚えましょう。