経理の仕事はしんどい?原因から対処法までわかりやすく解説

就職・転職
Aさん
経理の仕事がしんどい…

このように考えていませんか?

経理の仕事をしている人の中には、仕事が辛いと感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

この記事では経理がしんどい理由から対処法まで詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

経理がしんどい12個の理由

経理がしんどい理由は主に以下の12個です。

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

理由①:覚えることが多い

経理がしんどい理由としてまず挙げられるのは、覚えることが多いことです。

経理の仕事は専門性が高く、覚えるべきことがたくさんあります。

仕訳は経理の基本ですが、会社によってやり方が異なる場合もあり、覚えるのが大変です。

日常生活では聞かれない会計用語が飛び交う環境であるため、特に1年目は覚えられずしんどいと感じる場合も多いようです。

理由②:ルーティーンワークが多い

経理がしんどい理由としては、ルーティーンワークが多いことも挙げられます。

経理が行う会計の業務ではルールが決まっていて変更されることはないため、基本的にはルーティーンワークをすることになります。

そのため、仕事に変化を求める人は仕事に慣れるとつまらないと感じ、経理の業務を苦痛に感じてしまう可能性があります。

理由③:月1回、年1回しかない業務が多い

経理がしんどい理由としては、月1回、年1回しかない業務が多いことも挙げられます。

経理には月次決算という毎月発生する業務があるのですが、名前の通り月に1回しか発生しません。

他の職種であれば毎日同じことを行うため、すぐに反復復習ができ、覚えられる場合も多いです。

しかし、毎月1回しか発生しないともう忘れてしまい、業務のたびに必死で思い出すことになります。

さらに、経理には、1年に1回しか行われない年次業務もあります。

年次業務は量が多く難易度が高く、1年に1回しかないので、毎年苦労することになります。

年次業務がある時には経理の繁忙期になりますので、この時期になかなか帰れずしんどいと感じる方も多いようです。

理由④:ミスが許されない

経理がしんどい理由としては、ミスが許されないことも挙げられます。

経理は会社のお金を管理する仕事で、何よりもミスをしないことが求められます。

経理の仕事では小さなミスでも重大な間違いにつながりかねないからです。

ミスをしなくても当然とされ、ミスをしたら怒られるため、モチベーションが下がってしまう方が多いようです。

理由⑤:経理に向いてない

経理がしんどい理由としては、経理に向いてないことも挙げられます。

向いていない仕事を続けるのはしんどいものです。

向いていない仕事では成果が上がらず、周りからも認められにくいからです。

経理に向いていない人の特徴については、下で詳しく解説しています。

理由⑥:同期がいない

経理がしんどい理由としては、同期がいないことも挙げられます。

営業部などと違って、経理は人数が多いわけではないので、同期の中で同じように経理を任される人はいないか、多くても数人でしょう。

一番気軽に話せる同期と仕事上で関わりがないと孤独を感じやすい可能性があります。

理由⑦:チームプレイを求められる

経理がしんどい理由としては、チームプレイを求められることも挙げられます。

意外かもしれませんが、経理では実はチームプレイが求められることも多くあります。

中小企業の場合には経理担当が少数という場合もありますが、大きめの企業の場合にはチームで活動するようになります。

そのため、経理はコミュニケーションが苦手な人にとっては意外と大変な職場です。

理由⑧:決算があると忙しい

経理がしんどい理由としては、決算があると忙しいことも挙げられます。

経理は基本的に残業が少ないホワイトな部署なのですが、決算期だけは例外です。

中小企業だと年1回、大企業では3ヶ月に1回程度ある決算は業務量が多く、経理でも激務になりやすいです。

理由⑨:資格を取る必要がある

経理がしんどい理由としては、資格を取る必要があることも挙げられます。

厳密には必須でない場合もありますが、経理の仕事をするためには、簿記で習得するような知識がほぼ必須になります。

そのため、企業によっては簿記の資格を取らされる場合があります。

理由⑩:1日中座っている

経理がしんどい理由としては、1日中座っていることも挙げられます。

経理は基本的にデスクワークで、営業のように外に出向くことはほとんどありません。

そのため、目や腰に疲労が溜まりやすいという特徴があります。

特に残業が続くと座っていることによる疲労によりきついと感じやすいです。

理由⑪:派閥ができやすい

経理がしんどい理由としては、派閥ができやすいことも挙げられます。

経理は他の部署と比べて人の移動が少なく、何年も同じメンバーで仕事する場合が多いです。

そうなると自然に派閥ができます。

時に面倒な派閥争いが起こる可能性がありますので注意が必要です。

理由⑫:人事評価が上がりにくい

経理がしんどい理由としては、人事評価が上がりにくいことも挙げられます。

先ほども説明しましたが、経理の仕事はミスをしないことが重要で、目に見える成果を上げにくいという特徴があります。

そのため、人事からの評価を得にくく、モチベーションを下げてしまう人が多いのです。

経理として働く場合には、どのような評価制度になっているのか確認しておくと良いでしょう。

経理に向いてない人の3つの特徴

経理に向いていないと経理の仕事をしんどいと感じがちです。

経理に向いてない人の特徴は主に以下の3つです。

経理に向いてない人の3つの特徴
それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

特徴①:勉強が苦手

経理に向いてない人の特徴としてまず挙げられるのは、勉強が苦手なことです。

経理は会計の専門用語が飛び交う仕事です。

簿記の勉強をする必要がある場合もあります。

そのため、勉強が苦手で、会計の用語を覚えられない場合には経理の仕事を身に着けにくく、活躍しにくいです。

特徴②:パソコンが苦手

経理に向いてない人の特徴としては、パソコンが苦手なことも挙げられます。

現代の経理は業務のほとんどをパソコンで行います。

そのため、パソコンの操作に慣れていないと仕事を上達させにくいでしょう。

特徴③:大雑把

経理に向いてない人の特徴としては、大雑把なことも挙げられます。

経理はミスをしないことが重要な職種です。

その点、大雑把な人はミスを気にせずチャレンジできる一方で、どうしてもミスは多くなります。

チャレンジよりもミスをしないことが重要な経理では、このような性格はマイナス面が目立つことになります。

経理がしんどい時の4つの対処法

経理がしんどい時の対処法は主に以下の4つです。

それぞれの対処法について詳しく見ていきましょう。

対処法①:上司や先輩に相談する

経理がしんどい時の対処法としてまず挙げられるのは、上司や先輩に相談することです。

上司や相談はあなたよりも経理の経験が長く、それだけ有効なアドバイスをできる場合が多いです。

上司の場合、経理に向いていないことがわかれば、部署異動させてくれる可能性もあります。

対処法②:簿記を取得し知識を身につける

経理がしんどい時の対処法としては、簿記を取得し知識を身につけることも挙げられます。

簿記を取得し知識を身に着けられれば、経理の仕事の難易度は下がります。

もちろん楽勝というわけではありませんが、より効率的に仕事をこなすこともできるようになるでしょう。

特に1年目で専門用語がわからずしんどい場合には、簿記を取得するのがおすすめです。

対処法③:1年目は耐える

経理がしんどい時の対処法としては、1年目は耐えることも挙げられます。

経理がしんどいのは基本的には1年目で、2年目以降は楽になります。

経理のしんどさは多くの場合、会計の知識がないことに由来するからです。

逆に言えば、2年目になって会計の知識がついてきてもしんどいと感じる場合には、経理に向いていないのかもしれません。

どちらなのか確かめるためにも、1年目は耐えるのもひとつの選択肢と言えます。

対処法④:転職する

経理がしんどい時の対処法としては、転職することも挙げられます。

そもそも適性がない場合には、職種を変えたほうが幸せな仕事人生を遅れるでしょう。

特に若い内は未経験での転職をしやすいため、積極的にチャレンジすることをおすすめします。

経理のやりがい・楽しさとは?

経理のやりがいや楽しさには以下のようなものがあります。

それぞれのやりがいや楽しさについて詳しく見ていきましょう。

月1、年1の業務が終わった達成感

経理のやりがい・楽しさとしてまず挙げられるのは、月1、年1の業務が終わった達成感です。

月に1回の月次決算、1年に1回の年次決算は経理の負担が大きくなる業務です。

しかし、その分、終わった時には大きな達成感を得られます。

残業は少ない

経理のやりがい・楽しさとしては、残業は少ないことも挙げられます。

経理は仕事量が安定していて、上層部も経理にどのくらいの仕事があり、何人程度必要か予想しやすい職種です。

そのため、決算などの繁忙期を除けばひとりあたりの仕事量が多くなりすぎず、残業は少なめになっています。

ワークライフバランスを重視したい方にとっては良い職種と言えるでしょう。

経営の意思決定に関われる

経理のやりがい・楽しさとしては、経営の意思決定に関われることも挙げられます。

経理の仕事では経営に関わる数字を仕事の中で見る機会が多くなります。

そのため、経営状況を把握しやすく、経営陣への提案も行いやすい環境にあります。

活躍すれば経営の意思決定に携われる機会も増えてくることでしょう。

ちなみに、経営状況を把握しやすい分、経理は会社の業績が悪化した時に最初に離職しやすいという特徴があります。

おすすめの転職エージェント5選

おすすめの転職エージェントは主に以下の5つです。

それぞれの転職エージェントについて詳しく見ていきましょう。

doda


出典:doda

dodaは万人におすすめできる転職エージェントです。

業界でもトップレベルの求人数で、幅広い選択肢の中からあなたに最適な求人を厳選してもらえます。

加えて、転職サイトとしての機能も持ち合わせているため、自分で求人を探すことも可能です。

JACリクルートメント

[出典:JACリクルートメント]

JACリクルートメントはハイキャリア向けの転職エージェントです。

600万円以上の収入を目指したい方に向いているサービスです。

ヘッドハンターが優秀で、マッチ度が高い高条件求人を紹介してもらえます。

ハタラクティブ

[出典:ハタラクティブ]

ハタラクティブは20代の若手向けの転職エージェントです。

サポート力の高さが評判で、求人の紹介から面接対策まで丁寧に行ってくれます。

書類選考なしで選考に進める点も魅力的です。

DYM就職


出典:DYM就職

DYM就職は面接対策がとにかく優れていることで有名な転職エージェントです。

他社より圧倒的に長時間、模擬面接や面接のフィードバックを行ってくれるため、自信をもって選考に臨むことができます。

20代の若手を中心に人気を集めている転職エージェントです。

レバテックキャリア

出典:レバテック

レバテックキャリアはIT人材を目指したい方におすすめの転職エージェントです。

特にエンジニアの実務経験がある方を中心に、多くの方から支持を集めています。

IT業界型としてはトップレベルの求人数も魅力的です。

経理がしんどい時のまとめ

経理がしんどい理由としては以下のようなものが挙げられます。

経理に向いてない人の特徴は以下のとおりです。
経理に向いてない人の3つの特徴
経理がしんどい時の対処法としては以下のようなものが挙げられます。
経理のやりがい・楽しさは以下のとおりです。
おすすめの転職エージェントは以下のとおりです。

ABOUT US

和佐 崇史
和佐 崇史
文章を書くこと、読むことが大好きな大学生です。中学2年生で漢検2級を取得するなど、言葉については詳しい自信があります。Webライターとしてはこれまで累計1,000記事以上を執筆してきました。