アカウントとは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アカウント」です。

「アカウント」の意味・使い方・語源・類義語について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「アカウント」とは?

アカウント(account):ウェブサイトなどにアクセスし、利用する権利のこと

「アカウント」の意味を詳しく

「アカウント」とは、ウェブサイトなどを利用する権利のことです。

アカウントには、以下のような多くの意味があります。

  • 説明
  • 預金口座
  • 預金額
  • 顧客
  • 委託業務
  • 重要性
  • 利益
  • サイトを利用する権利

多くに共通して、「取引」や「契約」というニュアンスがあります。

カタカナ語の「アカウント」は、ネット上で使用するプロフィールのように理解されています。しかし、本来の意味は「権利」です。そして、その権利を獲得するためにIDやパスワードを作成します。

 

他にも、「バンクアカウント」というカタカナ語もよく使われます。こちらは、権利という意味合いも含みますが、主に「預金口座」という意味です。

もともと、countには「数える」という意味があります。このことから、お金に関する意味を持つことが多いです。会計を意味する「アカウンティング」も、このことに由来します。

スポンサードリンク

「アカウント」の使い方

  1. SNS利用のため、アカウントを作成する。
  2. アカウント名を入力してください。
  3. バンクアカウントを開設した。

➊と➋は、現代多く使われる「ネット上の権利」という意味です。➌は、「銀行口座」という意味です。

「アカウント」の語源

アカウントの語源はフランス語のacontです。

acontは、古フランス語で「計算する」という意味を持ちます。aは「~に」という方向を表します。contは、「数える」や「払う額を計算する」という意味を持ちます。

さらにacontは、ラテン語のcomputareに由来すると言われています。computareは、「数える」や「合計する」という意味です。comは「合わせる」、putareは「計算する」を意味します。

 

コンピューターも、computareが語源となっています。数に関するラテン語がフランス語となり、そのフランス語が1100~1500年の中英語として使われました。

「ネット上の権利」という意味は、ネットが普及してから広まった意味であるため、比較的新しいです。

スポンサードリンク

「アカウント」の類義語

アカウントには以下のような類義語があります。

  • ライツ:権利
  • トランザクション:取引
  • クライアント:顧客
  • プロフィット:利益
  • エクスプラネーション:説明

まとめ

以上、この記事では「アカウント」について解説しました。

英語表記アカウント(account)
意味ウェブサイトなどにアクセスし、利用する権利のこと
語源フランス語のcount、ラテン語のcomputare
類義語ライツ、トランザクション、クライアントなど

ネット社会の現代、アカウントという言葉は日常的に使用します。しかし、本来の意味はあまり浸透していません。ぜひ覚えましょう。

スポンサードリンク