映画好き必見!「アカデミー賞」「ゴールデングローブ賞」違い

違いのギモン

「アカデミー賞」と「ゴールデングローブ賞」。どちらも、世界的に有名な映像業界の賞です。

映画についてあまり詳しくない人でも、テレビのニュースで聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかし、具体的に何の賞なのか、何が違うのか、説明できる人は少ないと思います。

この記事では、「アカデミー賞」「ゴールデングローブ賞」の違いをご紹介します。

スポンサードリンク

結論:違いは、表彰する分野

「アカデミー賞」は、「映画作品」に贈られる賞です。

「ゴールデングローブ賞」は、「映画作品」と「テレビドラマ作品」に贈られる賞です。

「アカデミー賞」をもっと詳しく

「アカデミー賞」とは、映画作品に贈られる賞のことです。1929 年から続いていて、歴史ある賞として有名です。

審査員は、映画芸術科学アカデミー  “Academy of Motion Picture Arts and Sciences(AMPAS)” の会員です。会員になれるのは、監督、脚本家、俳優などのアメリカの映画関係者です。現在の会員数は約6000人です。

つまり、「アカデミー賞」は業界を知り尽くした人が評価する賞なのです。

 

また、「アカデミー賞」は、数々のジャンルの賞で構成されています。

有名な賞としては、監督賞・主演女優賞・助演男優賞などがあります。また、あまり知られていませんが、美術賞・短編アニメ賞・衣装デザイン賞などもあります。

日本アカデミー賞とは

日本アカデミー賞とは、日本の映画作品に贈られる賞のことです。日本映画の発展を目的としています。

審査員は日本アカデミー協会の会員です。この会員は、俳優・プロデューサー・監督・脚本家など日本の映画関係者で構成されています。

選考基準には、たくさんのポイントがあります。下記はその一部です。

  • 東京の劇場で初公開された作品
  • 1日3回以上、上映している作品
  • 目的が劇場公開である作品
  • 2週間以上継続して公開された作品
  • 40分以上の作品
日本アカデミー賞は、本場アメリカでの「アカデミー賞」と同じように、主演女優賞・助演男優賞・監督賞など様々な賞で構成されています。ここでは、日本オリジナルの「その他の賞」と分類されている賞をご紹介します。
  • 新人俳優賞
  • 話題賞
  • 協会特別賞
  • 協会栄誉賞
  • 会長特別賞
  • 会長功労賞
  • 岡田茂賞
上記にある、新人俳優賞などは耳にする機会が多いですね。

スポンサードリンク

「ゴールデングローブ賞」をもっと詳しく

「ゴールデングローブ賞」とは、映画作品とテレビドラマ作品について贈られる賞のことです。「ゴールデングローブ賞」は、1944年から始まりました。「アカデミー賞」より少し歴史は浅いですが、こちらも歴史ある賞です。

審査員は、ハリウッド外国人映画記者協会に所属する会員約100人です。名前の通り、この協会に所属できる会員は、記者のみです。

そのため、「ゴールデングローブ賞」を選ぶのは記者です。そのため、映画関係者が選ぶ「アカデミー賞」よりも、私たち視聴者に近い目線で決められているといえます。

まとめ

以上、この記事では、「アカデミー賞」「ゴールデングローブ賞」の違いについて解説しました。

  • アカデミー賞:映画作品に贈られる賞
  • ゴールデングローブ賞:映画作品とテレビドラマ作品について贈られる賞

開催時期の関係で、「ゴールデングローブ賞」は「アカデミー賞」の前に発表されます。

「ゴールデングローブ賞」は、業界の取材を重ねている多くの記者が、その作品を評価した証です。そのため、「ゴールデングローブ賞」受賞作品は、「アカデミー賞」でも受賞する可能性が高いと言えるかもしれません。

ぜひ視点を変えてテレビを見てみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク