「ありがとうございます」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

「ありがとうございます」とは「相手への感謝を丁寧に伝える表現」です。

「ありがとうございます」は簡単な表現ですが、「より丁寧な敬語にしたい」と感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では「ありがとうございます」の基本的な意味から、より丁寧にする方法や言い換え表現まで詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「ありがとうございます」の意味

ありがとうございます

【丁寧語】相手への感謝を丁寧に伝える表現

「ありがとうございます」は相手への感謝を丁寧に伝える丁寧語です。

敬意の程度は低いですが、上司やお客様など目上の人使っても問題ない表現です。

丁寧すぎない表現ですので、同僚や部下にも用いることができます。

ここからは「ありがとうございます」について「ありがとう」と「ございます」に分けて詳しく見ていきましょう。

「ありがとう」の意味

ありがとう

相手への感謝を伝える表現

「ありがとう」そのものは敬語ではありません。

そのため、ビジネスシーンで「ありがとう」を単体で使用するのは適していません。

プライベートな場面で用いられることが多い表現です。

漢字では「有難う」もしくは「有り難う」と表記しますが、「ありがとう」とひらがなで表記するのが一般的です。

「ございます」の意味

ございます

  1. 存在する
  2. (動詞の後につけて)「ある」の丁寧語

「ございます」はそこに何かが存在することを表す言葉です。

「ありがとうございます」では②の丁寧語の意味で用いられてます。

「ございます」は①の「存在する」の意味で用いる時には「御座います」と漢字にできますが、②の意味の場合はひらがなで表記されます。

動詞の後につける「ございます」のような言葉のことを補助動詞と呼びますが、補助動詞はひらがなで表記することになっているからです。

「ありがとう御座います」は間違い

「ありがとう」は動詞です。

そのため、「ありがとうございます」の場合、「ございます」を漢字にすることできません。

「ありがとうございます」と「ありがとうございました」の違い

「ありがとうございます」と似た表現に「ありがとうございました」があります。

意味はほぼ同じですが、この2つには以下のような違いがあります。

  • ありがとうございます
    現在の出来事に対する感謝を伝える表現
  • ありがとうございました
    過去の出来事に対する感謝を伝える表現

「ありがとうございます」と「ありがとうございました」ではいつの出来事に対して感謝を伝えるかが異なるのです。

ただ、過去の出来事であってもあえて「ありがとうございます」と言うことで、強い感謝を伝える場合もあります。

「ありがとうございました」は過去形で「終了」のイメージがあるため、お客様に対して使うことを禁止している会社もあります。

広島とその周辺での使い分け

広島県とその周辺では、「ありがとうございます」より「ありがとうございました」のほうが丁寧な表現だとされています。

「ありがとうございます」の使い方

「ありがとうございます」は人に感謝を伝える時に幅広く使える表現です。

その中でも特に使うことが多いのは、以下のような場面です。

「ありがとうございます」が使われる場面
  • 面接や打ち合わせの場面
  • お客様が来店された場面
  • 電話に関する場面
  • メール・メッセージに関する場面

それぞれの場面での「ありがとうございます」の使い方について、例文と一緒に詳しく見ていきましょう。

面接や打ち合わせの場面

「ありがとうございます」は面接や打ち合わせの場面で、相手がしてくれたことに対して感謝する時に用いられます。

例文
  1. ご契約いただきまして、誠にありがとうございます
  2. 名刺をいただき、ありがとうございます
  3. わざわざお時間を頂いてありがとうございます

何か自分にとって意味のある成果を得られた時に用いられることが多いです。

また、相手が自分のために時間を割いてくれたこと自体に対して感謝する時に用いられることも多いです。

お客様が来店された場面

接客業では、お客様が来店された場面で「ありがとうございます」が用いられることが多いです。

  1. いらっしゃいませ、ご来店ありがとうございます
  2. 本日は当店にお越しくださいまして、誠にありがとうございます

また、お客様がお帰りになる時には「ありがとうございました」が用いられることが多いでしょう。

電話に関する場面

相手が電話をかけてくれた場合や、相手が電話に出てくれた時にも「ありがとうございます」を用いることができます。

  1. お電話くださいましてありがとうございます
  2. お忙しい中、お電話に出ていただきありがとうございます

メール・メッセージに関する場面

「ありがとうございます」はメールやメッセージで用いられることも多くあります。

メールやメッセージでは相手が何かしてくれた時にだけ、「ありがとうございます」が用いられるわけではありません。

挨拶文として「ありがとうございます」が用いられることも多くあります。

例文
  1. 日頃より弊社製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます
  2. 先日は契約をご快諾していただき、大変ありがとうございます
  3. 〇〇様におかれましては、日頃よりお引き立ていただき、誠にありがとうございます

ちなみに、自分に届いたメールやメッセージで「ありがとうございます」が使われていた場合には、同じように感謝の言葉を入れて返信すると印象が良いでしょう。

「ありがとうございます」の派生表現

「ありがとうございます」は前に言葉をつけることで、より丁寧にしたり、頻度を強調したりすることができます。

そのような「ありがとうございます」の派生表現には以下のようなものがあります。

「ありがとうございます」をより丁寧にする表現
  • 誠(まこと)にありがとうございます
  • とてもありがとうございます
  • 本当(ほんとう)にありがとうございます
  • 大変(たいへん)ありがとうございます
  • どうもありがとうございます

特に「誠にありがとうございます」はビジネスメールなどでよく使われる丁寧な表現なので、ぜひ覚えておきましょう。

また、「ありがとうございます」は、頻度を強調する場面でも、以下のように使うことができます。

「ありがとうございます」の頻度を強調する表現
  • 毎度(まいど)ありがとうございます
  • いつもありがとうございます
  • 毎度(まいど)お引き立て(おひきたて)いただきありがとうございます

頻度を強調することで、たくさんのことに感謝していることを表現できます。

「ありがとうございます」の敬語の言い換え表現

「ありがとうございます」を敬語で言い換えたい時には、以下のような言葉を使うことができます。

  • 助(たす)かります
    相手の労力に対して感謝する表現
  • 幸(さいわ)いです
    嬉しいという気持ちを表す言葉
  • 嬉(うれ)しいです
    嬉しい気持ちを直接的に表す言葉
  • 恐(おそ)れ入(い)ります
    迷惑をかけて申し訳なく思い、同時に感謝する表現
  • 感謝(かんしゃ)申し上げます
    丁寧に感謝の気持ちを表す言葉
  • 感謝(かんしゃ)いたします
    丁寧に感謝の気持ちを表す言葉
  • 深謝(しんしゃ)申し上げます
    深く感謝する気持ちを表す言葉
  • 心(こころ)より感謝(かんしゃ)申し上げます
    本当に感謝する気持ちを表す言葉
  • 感謝(かんしゃ)の念(ねん)を禁(きん)じ得(え)ません
    感謝の気持ちがあふれるほどあることを表す言葉
  • 感謝(かんしゃ)の念(ねん)に堪(た)えません
    感謝の気持ちがあふれるほどあることを表す言葉
  • 感謝(かんしゃ)の念(ねん)に尽(つ)きません
    感謝の気持ちが言い尽くせないほどあることを表す言葉
  • 拝謝(はいしゃ)します
    謹んで感謝を申し上げる表現
  • 誠(まこと)に恐縮(きょうしゅく)しております
    非常に申し訳なく思い、感謝する表現
  • 幸甚(こうじん)に思(おも)います
    とても嬉しいことを表し、感謝する表現
  • 恐悦至極(きょうえつしごく)に存(ぞん)じます
    とても申し訳なく思い、感謝する表現
  • 幸甚(こうじん)に存(ぞん)じます
    非常に幸福であることを表す言葉
  • 厚(あつ)く御礼(おんれい)申し上げます
    非常に感謝していることを表す言葉
  • 足(あし)を向(む)けて寝(ね)られません
    非常に感謝していることを表す言葉
  • お礼(れい)の申し上げようもございません
    感謝しすぎて言葉も出てこないことを表す言葉

下にあるものほど強い感謝を表すことができます。

ちなみに、より強い感謝を表したい時には、何について感謝しているのか具体的に説明すると感謝の気持ちが伝わりやすいです。

たとえば、ただ「お礼の申し上げようもございません」と言うよりも、「〇〇様には私の窮地を救ってくださり、お礼の申し上げようもございません」としたほうが感謝の気持ちを強くできます。

「ありがとうございます」の語源

「ありがとうございます」の語源は室町時代に使われ始めた表現、「有難く存じます」だと言われています。

「有難く存じます」は「有難く」と「存じます」に分けることができます。

それぞれの意味について詳しく見ていきましょう。

「有難く」とは?

「有難く」は古語「有難し」を活用させた表現です。

「有難し」は「珍しく、めったにない」という意味を表します。

めったにない貴重なことは感謝する価値があるため、「感謝する」という意味が生まれました。

「存じます」とは?

「存じます」は「思います」という意味の表現です。

「思う」の謙譲語である「存じる」に丁寧語の「ます」をつけて生まれた表現です。

「ありがとうございます」の英語訳

「ありがとうございます」を英語に訳すと以下のような表現になります。

  • Thanks
    (ありがと)
  • Thank you
    (ありがとう)
  • Thank you very much
    (とてもありがとう)
  • I appreciate ~
    (~についてありがとうございます)

英語には敬語の文化がないため、正確には「ありがとうございます」という意味の言葉はなく、「ありがとう」という意味の言葉しかありません。

ただ、英語の中でも、 “I appreciate ~” は特に丁寧な感謝を述べる時に使われる表現です。

逆に、 “Thanks” は軽い感謝を表し、プライベートな場面で用いられることが多いです。

「ありがとうございます」のその他の言語の訳

英語に限らず、「ありがとうございます」を表す言葉は世界中にあります。

それぞれの言語での「ありがとうございます」について詳しく見ていきましょう。

「ありがとうございます」の中国語

中国では日本と同じように、丁寧な表現で人に感謝を伝える表現があります。

中国語の「ありがとうございます」
  • 非常 感谢(フェイチャン ガンシェ)
    (大変ありがとうございます)
  • 万分 感谢(ワンフェン ガンシェ)
    (感謝してもしきれません)
  • 表示 衷心 的 感谢(ビャオシー チョンシン ダ ガンシェ)
    (心から感謝します)

ちなみに、一番有名な感謝の表現「谢谢」は「ありがとう」という意味で、フランクな場面で感謝を表す時に用いられます。

「ありがとうございます」の韓国語

韓国語でも丁寧な表現で「ありがとうございます」と表現することができます。

韓国語の「ありがとうございます」
  • 감사합니다(カムサハムニダ)
    (感謝します)
  • 고맙습니다(コマッスムニダ)
    (ありがとうございます)
  • 정말 감사합니다(チョンマル カムサハムニダ)
    (本当にありがとうございます)

「ありがとうございます」のフランス語

フランス語では以下のような表現で「ありがとうございます」と言えます。

フランス語の「ありがとうございます」
  • Merci beaucoup(メルシボーク)
    (ありがとうございます)

ちなみに、フランス語で有名な感謝のフレーズ “Merci” は “Merci beaucoup” を簡略化した表現で「ありがとう」という意味で用いられます。

「ありがとうございます」のまとめ

以上、この記事では「ありがとうございます」について解説しました。

読み方ありがとうございます
意味相手への感謝を丁寧に伝える表現
「ありがとうございました」との違いありがとうございます:現在の感謝を表す
ありがとうございました:過去の感謝を表す
使い方面接や打ち合わせの場面
お客様が来店された場面
電話に関する場面 など
派生表現誠(まこと)にありがとうございます
とてもありがとうございます
毎度(まいど)ありがとうございます
いつもありがとうございます など
言い換え表現助(たす)かります
幸(さいわ)いです
嬉(うれ)しいです など
語源「有り難く存じます」
英語訳Thanks
Thank you
I appreciate ~ など

「ありがとうございます」は色んな場面で使える表現ですが、本当にさまざまなバリエーションがあります。

「いつも同じ表現を使っていて語彙力がないのかな」と思われないためにも、さまざまな感謝の表現を使えるようになりたいですね。

ABOUT US

和佐 崇史
和佐 崇史
文章を書くこと、読むことが大好きな大学生です。中学2年生で漢検2級を取得するなど、言葉については詳しい自信があります。Webライターとしてはこれまで累計1,000記事以上を執筆してきました。