知ってる?「探偵」と「興信所」の違い

違いのギモン

みなさんは「探偵」や「興信所」などのサービスを使ったことがありますでしょうか。

使ったことがある人も、使ったことがない人もいると思いますが、これらのサービスは相手のことを調べるのに適していますよね。

ところで、「探偵」と「興信所」では何が違うのでしょうか。

よくわからないですよね。

そこで、今回は「探偵」と「興信所」の違いについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

結論:人を調べるか企業を調べるかが違う

まず、「探偵」は依頼主が個人の場合が多く、相手に気づかれることなく調査対象のことを調べます。

一方、「興信所」は依頼主が企業であることが多く、相手に知らせた上で調査を行います。

つまり、「探偵」と「興信所」では人を調べるか企業を調べるかが違うんです。

「探偵」をもっと詳しく

探偵は依頼主が個人の場合が多く、相手に気づかれることなく調査対象のことを調べます。

そのため、相手に気づかれることなく相手のことを調べたい人に向いています。

そして、代表的なのは浮気調査を代表とする信用調査です。

また、探偵では人探しやストーカー対策、盗聴器発見なども行っています。

 

そして、興信所とはさまざまな違いがありますが、法的にはどちらも一律に探偵業者とみなされています。

また、最近では業務の内容にも違いがなくなってきています。

そして、探偵を名乗る会社が増えてきています。

なぜなら、興信所という名前は若い人にとってなじみがなくなっていきているからです。

また、興信所と名乗ると業務範囲が狭く見えてしまうのです。

 

ちなみに、探偵業は岩井三郎という人物が初めて行ったと言われています。

岩井三郎は刑事を退官した人物です。

彼は刑事だったころの捜査方法をそのまま生かし、尾行、張り込み、聞き込みなどを行い、個人の依頼を受けて対象に身分がもれないように工夫をし、様々な調査を行っていました。

スポンサードリンク

「興信所」をもっと詳しく

興信所は依頼主が企業であることが多く、相手に知らせた上で調査を行います。

そのため、興信所による調査は外枠的なものになりがちであり、詳細なデータは得られないことが多いでしょう。

そして、現代では企業関連の雇用の調査や取引先の信用調査のほかに、結婚などの個人向け信用調査も行っています。

 

ちなみに、興信所は現在では少なくなってきていますが、わざと興信所という名前にしているところもあるようです。

例えば、古くから続く興信所だったり、興信所出身の人が経営している場合などは興信所という名前にしていることが多いでしょう。

そして、興信所は高齢な方にとってはなじみの深い言葉です。

一方、若者の間ではあまり知名度がない言葉でしょう。

そのため、現在では「信用調査会社」を名乗っている場合が多いです。

 

ちなみに、興信所をはじめて作ったのは日本銀行の理事であった外山修三(とやましゅうぞう)であったと言われています。

彼は「商業興信所」というものを設立し、これが日本初の興信所になったのです。

ちなみに、なぜこの時期に興信所が必要とされたかというと、明治維新後に商工業が盛んになり企業間の取引が重要視され、取引先の信用調査の需要が増えてきたからです。

そのため、このころの興信所は主に企業に対する信用調査を行っていました。

まとめ

以上、この記事では、「探偵」と「興信所」の違いについて解説しました。

  • 探偵:依頼主が個人の場合が多く、相手に気づかれることなく調査対象のことを調べる
  • 興信所:依頼主が企業であることが多く、相手に知らせた上で調査を行う

とはいえ、現在では「探偵」と「興信所」にほとんど違いはありません。

サービスを利用する時、違いを意識する必要はないと思います。

スポンサードリンク