これでばっちり!「夏日」「真夏日」「酷暑日」「猛暑日」の違い

違いのギモン

夏に入ると、皆さまは次の言葉をニュース等で耳にしませんか。「夏日」「真夏日」「酷暑日」「猛暑日」。どれも、暑い日であるという点は共通していますが、どのように使い分けたらよいかをご存知でしょうか。

今回は「夏日」「真夏日」「酷暑日」「猛暑日」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:日中の最高気温が何度以上かによって区分されている

「夏日」「真夏日」「酷暑日」「猛暑日」の違いを分かりやすくまとめたものが以下の表になります。

夏日最高気温が 25℃以上の日。
真夏日最高気温が 30℃以上の日。
酷暑日最高気温が 35℃以上の日。ただし、正式な表現ではない。
猛暑日最高気温が 35℃以上の日。

「夏日」をもっと詳しく


「夏日」とは、最高気温が 25℃を超える日のことを指します。夏の初めになるとニュース等で耳にすることが多くなるでしょう。 「夏日」になると熱中症のリスクもあることから、汗を放散しやすい服を選び、こまめに水分補給を取ることを心がけると良いでしょう。

スポンサードリンク

「真夏日」をもっと詳しく


「真夏日」とは、最高気温が 30℃以上の日のことです。夏が中盤に差し掛かってくると徐々に 30℃を超える日が増えてきます。夏日よりも熱中症のリスクが高まるため、運動をする際には水分補給の頻度をより高くすることが望ましいです。

「酷暑日」をもっと詳しく


「酷暑日」とは、最高気温が 35℃以上の日を指します。ただ、そのような日を指す言葉として「酷暑日」は正式な表現ではありません。

「夏日」や「真夏日」のように、気象を表す言葉は気象庁が定めています。しかし、昔は 35℃以上の気温が確認される日は少なかったため、そのような日を意味する言葉を気象庁は定義していませんでした。

 

そこで、マスコミが「酷暑日」という言葉を作り、それが一般大衆に広がりました。ただ、現在は最高気温が 35℃以上の日を示す正式な表現が気象庁で定められているため、「酷暑日」は俗称という位置づけとなっています。

では、最高気温が 35℃を超える日を指す正式な表現は何なのでしょうか。

スポンサードリンク

「猛暑日」をもっと詳しく


「猛暑日」とは、最高気温が 35℃を超える日のことを指します。「酷暑日」と違い、気象庁が定めている正式な表現です。

「猛暑日」はもともと定義されていなかった言葉です。しかし、1990年代に入ってから、例年暑いとされている沖縄県の他に、東京や大阪などの大都市でも 35℃ を超える日が多く観察されるようになり、言葉を定義する必要に迫られました。

 

そこで、2007年4月1日に「猛暑日」という言葉が定められ、一般に広まっていた「酷暑日」に代わる正式な表現となりました。猛暑日の場合、熱中症のリスクはかなり高く、運動は原則中止することが望ましいとされています。

ちなみに、気温に関係なく感覚的に激しい暑さを表す場合は、猛暑ではなく酷暑が正式な表現になります。ややこしいですが、こちらも合わせて覚えておくと良いでしょう。

まとめ

以上、この記事では、「夏日」「真夏日」「酷暑日」「猛暑日」の違いについて解説しました。
最後にもう一度、下記の表を確認しましょう。

夏日最高気温が 25℃以上の日。
真夏日最高気温が 30℃以上の日。
酷暑日最高気温が 35℃以上の日。ただし、正式な表現ではない。
猛暑日最高気温が 35℃以上の日。

「夏日」「真夏日」「酷暑日」「猛暑日」は、最高気温によって区分がなされているため、意味さえ知っておけば使い分けは難しくないでしょう。

ただ、気温は気象庁が決められた場所と時刻で観測したものであるため、場合によっては自分の体の感覚と暑さが一致しないこともあるかもしれません。

とはいえ、4つの言葉の意味の違いと熱中症のリスクについて知っておけば、他人のために役立てることもできるため、覚えておいて損はないでしょう。

スポンサードリンク