高齢になるとなりやすい!「四十肩」と「五十肩」の違い

違いのギモン

「四十肩」や「五十肩」という言葉をご存知でしょうか。若い方にとっては聞きなれない言葉かもしれませんが、年齢が高くなってくるほど身近になってくる言葉です。これらは、肩が痛くなって、上がらなくなるというイメージがあると思います。

ところで、「四十肩」と「五十肩」は何が違うのでしょうか。調べてみると意外な事実がわかりました。

そこで、今回は「四十肩」と「五十肩」の違いについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

結論:同じものを表している

四十肩や五十肩はどちらも「肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)」の俗称です。

そして、50代ごろから発症する人が増えてくるため、五十肩という呼ばれ方が一般的です。

しかし、現在では発症する年齢の若年化により、40代でも発症する人が増えてきたため、四十肩という呼ばれ方もできました。

「四十肩」と「五十肩」

四十肩と五十肩はどちらも肩関節周囲炎の俗称です。肩関節周囲炎とは40代から発症する人が増えてくる病気です。肩関節の周辺組織に変性が起こり、炎症が生じることで痛みが発生すると言われています。

そして、昔は50代から発生する人が多かったため、50代の肩、ということで五十肩という俗称がつきました。しかし、現在では発症する人の年齢が下がってきて、40代でも発症する人が増えてきたため、四十肩という俗称も生まれました。

ちなみに、もっと昔はさらに発症する年齢が高かったため、六十肩と呼ばれていました。

 

そして、肩関節周囲炎は肩が突然痛むようになる急性期と、肩の動きが制限される慢性期とに分かれます。そして、根本的な治療法は確立されていませんが、発症から半年から2年半くらいで自然に痛みが軽くなり、肩を動かせるようになります。

ちなみに、テニスや野球などをやっていて、若い頃に肩を酷使していた人はこれを発症した時に治癒しにくくなります。

また、普段運動していない人が突然激しい運動を行うと、使用していない筋肉や腱(けん)に負担がかかり、肩関節周囲炎になりやすいでしょう。

そして、肩関節周囲炎は肩こりと間違えられやすいですが、ぜんぜん違うものです。肩こりは肩の緊張や血行不良が原因となって起こり、筋肉疲労や筋肉が固まるなどの症状が出てきます。

一方、肩関節周囲炎は炎症です。

 

ここからは肩関節周囲炎の原因、症状、改善法、予防の順に詳しく見ていきましょう。

肩関節周囲炎の原因

肩関節周囲炎の原因は、はっきりとはわかっていません。

しかし、加齢にともなう肩関節周辺の筋肉の変化や血液循環の悪化が原因で、炎症が起こると言われています。

肩関節周囲炎の症状

肩関節周囲炎の一番主な症状としては肩が痛くて上がらなくなるというものがあります。これはとても有名な症状なので、知っている方も多いと思います。

しかし、そのほかにも症状は存在します。まず、肩関節周囲炎は睡眠の妨げになります。肩関節周囲炎の痛みは頭痛のような、脈を打つような痛みなのですが、急性期には激しい痛みになるので、夜中に眠れなくなってしまったり、痛みで目が覚めてしまったりします。

そして、これは睡眠不足につながります。そのため、生活のリズムが崩れ、ストレスもたまりやすくなってしまいます。

 

また、関節の動きも悪くなります。肩関節周囲炎の人は腕を体に対して正面へ伸ばすことはできますが、横に腕を開いて上げていくことは難しくなります。

そのため、日常の何気ない動作にも影響が出てきてしまいます。

肩関節周囲炎の改善法

肩関節周囲炎の根本的な治療法はわかっていません。しかし、対症療法で痛みを和らげたりすることはできます。

まず、急性期には激しい痛みが出て生活に支障が出てくるため、病院を受診して鎮痛剤を処方してもらうべきでしょう。受診する病院としては整形外科などが適切です。

そして、そのほかの対処法としてはまず、肩を温めることが重要です。一般的に、炎症なら冷やすべきというイメージがあるかもしれませんが、肩関節周囲炎では逆効果になってしまいます。

なぜなら、肩関節周囲炎の原因の1つに血行不良が考えられており、冷やすとこれが悪化してしまうからです。そのため、肩を温めるように心がけ、肩を冷やすような格好をするのは避けるべきでしょう。

 

また、肩関節周囲炎になると肩が痛むので、肩を動かすのを避けてしまう方も多いと思いますが、それはあまりいいことではありません。肩の関節は動かさなさ過ぎると関節が固まってしまい、肩関節周囲炎が直った後、動かせる範囲に制限が出てきてしまうことがあるからです。

そのため、日常生活でも動かせる範囲で動かしておいたほうがいいほか、肩の体操などを行うことも効果的でしょう。

肩関節周囲炎の予防

肩関節周囲炎の予防は改善法と少しかぶってしまいますが、普段から肩を使ったストレッチや体操をしておくことになります。

普段から肩を動かしておけば、肩の機能が健康に保たれ、炎症も起きにくくなるのです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「四十肩」と「五十肩」の違いについて解説しました。

  • 四十肩:肩関節周囲炎の最近広まってきた俗称
  • 五十肩:肩関節周囲炎のもっとも一般的な俗称

肩関節周囲炎は多くの人にとって身近な病気です。40代を超えるようになっても健康な肩でいれるように、しっかりと予防を行っておきたいですね。

スポンサードリンク