就職活動・転職活動で必須!「履歴書」と「エントリーシート」の違い

違いのギモン

就職活動や転職活動をする際に必要となってくる「履歴書」と「エントリーシート(Entry Sheet = ES)」。多くの企業が面接選考等をする前に、二つの書類どちらかの提出を求めます。

しかし、履歴書とエントリーシートは何が違うのか説明できる人はそこまで多くないと思います。そこで今回は、「履歴書」と「エントリーシート」の違いについて解説していきます。

スポンサードリンク

結論:人柄や価値観までわかるものがエントリーシート

履歴書はその人がどんな人生を歩んできたのかを、学歴や職歴、資格等書くことにより人事、採用担当の方にアピールする書類です。エントリーシートはその人がどんな考え方を持っていて、どんな仕事をしたいのかなどを、志望動機や自己PR等書くことによりアピールする書類です。

「履歴書」をさらに詳しく


履歴書は応募者のスペックや経歴といった「基本的な情報」を知るため(知らせるため)の書類です。

履歴書には個人情報(名前、住所、連絡先等)、学歴、職歴、資格といった基本的な情報を書きます。いわば、応募者の名刺代わりになるようなものです。

 

履歴書は一般的に記入欄が狭く、事実を簡潔に書くことが求められます。自分は特に何を伝えたいのかを意識して書くことがポイントです。履歴書に書く内容は、応募者の基本的な情報であるため、その応募者の「過去」を知るためのものと言うこともできます。

履歴書の中には志望動機を書く欄や、自己PRを書く欄が設けられているものも存在します。しかし、一般的にそのスペースは狭く、前述したように、伝えたいことを簡潔に書くことが履歴書では求められます。

スポンサードリンク

「エントリーシート」をさらに詳しく


エントリーシートは履歴書から読み取ることが困難な、応募者の人柄や価値観を知るため(知らせるため)の書類です。

エントリーシートには履歴書に書くような基本的な情報(個人情報、学歴、職歴等)を書くこともありますが、重視されるのはそこではありません。

志望動機や自己PR、キャリアビジョン(入社後どのような仕事をして、どのような人になりたいか)など、多種多様な設問を設け、その回答からその人の人柄、価値観を読み取ります。応募者側からするとエントリーシートは自分を売り込む、「企画書」のようなものです。

 

履歴書が名刺、エントリーシートが企画書に例えられるように、一般的に設問に対して書くスペースは、エントリーシートは広く、その分情報量も多くなるため、詳しくアピールすることができます。名刺と企画書で情報量が、どちらが多いかは一目瞭然ですよね。

また、エントリーシートに書く内容は、その人の価値観や人柄を知り、「これからうちの企業で仕事していけるか」といった、その応募者の「未来」を知るためのものであるということもできます。

履歴書とエントリーシート、重視されるのはどちらか


履歴書は基本的な情報を知らせるためのもので、エントリーシートは人柄や価値観を知らせるためのものであるとわかりましたが、実際の選考において、どちらの方が重視されるのか気になると思います。

結論から言うと、「エントリーシート」です。

エントリーシートは情報量が多いだけでなく、採用において大事な応募者の価値観や考え方を知ることができるものです。履歴書は応募者がどのような人生を歩んできたかというバックグラウンドを伝え、エントリーシートの内容を補足する資料ともいえます。

 

エントリーシートで応募者の大体の価値観や考え方を知ることができるため、選考における最初のステップとして用いられることがほとんどです。履歴書を選考のステップとして用いる企業はほとんどないでしょう。

また、エントリーシートは、その後の面接選考においても面接官の手元に置かれ、それをもとに質問したり評価したりします。エントリーシートの選考で通過すればエントリーシートの役割は終わりといった勘違いはしないよう気を付けるべきです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「履歴書」と「エントリーシート」の違いについて解説しました。

  • 履歴書:応募者の基本的な情報を知るため(知らせるため)の書類
  • エントリーシート:応募者の価値観や考え方を知るため(知らせるため)の書類

履歴書とエントリーシートでは以上のような違いが見られますが、前述したように選考において重視されるのはエントリーシートです。しかし、どちらの書類も選考において大事なものであることには変わりありません。

就職活動や転職活動の際は、これら二つの書類の役割の違いを意識して書くことが必要です。

スポンサードリンク