ブドウだけじゃない!「赤ワイン」と「白ワイン」の違い

違いのギモン

レストランでワインを頼む時に選び方やマナーがわからず、ぎこちなくなってしまう人もいるのではないでしょうか。

ワインには大きく分けて「赤ワイン」と「白ワイン」の2種類があります。それぞれ品種によっても味わいが異なるため、ある程度の知識があると、より食事を楽しむことができます。

この記事では各ワインの違いについて解説しています。

スポンサードリンク

結論:ブドウの種類と製造方法によって色や味に違いが出る

「赤ワイン」は、黒ブドウを皮や種ごと絞ったものを指します。

「白ワイン」は、白ブドウを皮や種を除いて絞ったものです。

「赤ワイン」をもっと詳しく

赤ワインは皮が黒っぽい色をしている「黒ブドウ」を使用します

その黒ブドウを皮や種が付いたままの状態で発酵させて搾って造ります。皮を残すことによって、皮の色が染み出て赤くなるということです。

このことが、赤ワインに味わいに複雑性や奥行きがある理由にも繋がっています。

ブドウの皮や種には渋みとなる「タンニン」という物質を含んだ「ポリフェノール」が多く入っているため、熟成するほど渋く深い味わいになります。

またポリフェノールには視力回復や眼病予防などの効果があるため、ワインは健康飲料としても注目されています。

 

そして、赤ワインに使用する有名なブドウは以下の3種です。

  1. カベルネ・ソーヴィニヨン:カシスやブルーベリーの香りで、味は渋め
  2. メルロー:プラムやブラックチェリーの香りで、優しい味わい
  3. ピノ・ノワール:いちごやチェリーの香りで、ブルゴーニュ地方を中心に栽培される

また、赤ワインの種類も3つあります。

  1. フルボディ:色が濃く、味は渋くて濃厚
  2. ライトボディ:フルボディと対極で、色は薄くさらっとした味
  3. ミディアムボディ:フルボディとライトボディの中間

産地によって異なる2タイプ

フランスのボルドー地方とブルゴーニュ地方のワインに高品質なものが多いため、それぞれを「ボルドータイプ」「ブルゴーニュタイプ」と呼ぶことがあります。

ボルドータイプは2種類以上のブドウを使用するのに対して、ブルゴーニュタイプは1種類のみのブドウを使用するために味が繊細なのが特徴です。

スポンサードリンク

「白ワイン」をもっと詳しく

白ワインは、皮が緑っぽい色をしている「白ブドウ」から造ります。

ブドウの皮や種を除いて絞り取った果汁だけで造るため、皮の色が移りません。

また皮や種を除くことで渋み成分であるタンニンが含まれないので、赤ワインと比べて口当たりが滑らかなのも特徴です。

健康の面では、ポリフェノールの量は赤ワインと比べて少ないですが、白ワインに含まれる有機物は大腸菌の抗菌力に優れているため、デトックス効果が高いことが知られています。

そして白ワインに使用する有名なブドウは以下の2種です。

  1. シャルドネ:栽培する土地によって味わいは変貌自在に変わる
  2. ソーヴィニヨン・ブラン:ハーブや柑橘系の香りで、すっきりとした味わい

白ワインの種類は「辛口」と「甘口」の2種類です。

  1. 辛口:糖分がほとんどアルコール分に変化するため、キリッとした味わい
  2. 甘口:発酵を途中で止めて甘味を残すため、味はまろやか

スパークリングワインとシャンパン

スパークリングワインとシャンパンは炭酸を含んだ発泡性のワインで、食前酒として飲むことが多いワインです。

シャンパンはスパークリングワインの仲間ですが、シャンパンと定めるにはいくつかの条件があり、最低でもブドウの産地がシャンパーニュ地方でなければいけません。

まとめ

以上、この記事では、「赤ワイン」と「白ワイン」の違いについて解説しました。

  • 赤ワイン:黒ブドウを皮や種ごと絞ったもの
  • 白ワイン:白ブドウを皮や種を除いて絞ったもの

このように「赤ワイン」と「白ワイン」には色だけではなく、製造工程や健康への効果まで様々な違いがあります。

ワインにはまだまだ深い魅力がたくさんあるので、ブドウの季節には実際にワイン工場やブドウ農園に足を運んでみるのもいいですね。

スポンサードリンク