何が違う?「お中元」と「お歳暮」の違い

違いのギモン

日本に古くからある風習で「お中元」と「お歳暮(おせいぼ)」があるのはご存知の人がほとんどだと思います。どちらもお世話になった人に贈り物をするという点で共通はしています。

しかし、皆さんは「お中元」と「お歳暮」でそれぞれ何が違うのかを正しく理解できていますか。古くから伝わる風習だからこそ、違いをしっかりと理解しておきたいところです。

この記事では、「お中元」と「お歳暮」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:贈る時期が違う。「お中元」は7月、「お歳暮」は12月

「お中元」は7月に、半年間お世話になったお礼として贈ります。

一方、「お歳暮」は12月に一年間お世話になったお礼として贈ります。

「お中元」をもっと詳しく


「お中元」は、一年間の中間地点である夏に、半年間のお礼を込めて、お世話になった人に対して贈り物をすることです。また、半年間のお礼の意味に加えて、暑い夏を前に相手の健康を願う意味もあります。

「お中元」を贈る時期は関東と関西で若干異なります。関東では7月上旬から15日までとされているのに対して、関西では7月下旬から8月15日までとされています(発送日ではなく到着日)。

 

「お中元」は贈る品についても気を遣う必要があります。というのも、先ほど述べたように、「お中元」には相手の健康を願う意味も込められているからです。昔は夏に命を落とす人が多く、そのような背景から健康を願う意味が加えられたと言われています。

「お中元」にふさわしい品について、具体的に言うと、暑い夏を快適に過ごす品です。果物やそうめんビール、ゼリーなどが向いているとされています。

スポンサードリンク

「お歳暮」をもっと詳しく


「お歳暮」は、年の暮れに、一年間お世話になった人に対してのお礼として贈り物をすることです。また、お礼の意味に加えて、「来年もお世話になるのでお願いします」という、来年のお付き合いを願う意味もあります。

「お歳暮」を贈る時期は、12月上旬から12月20日までとされています(発送日ではなく到着日)。


「お歳暮」は「お中元」と異なり、夏に向けて健康を願うような意味が含まれていないので、季節感のある品を贈る必要はありません。定番としては、ハムやソーセージなどの肉類、フルーツ、スイーツなどです。

年末は親戚が集まる機会が多く、大人数で楽しめるものが好まれる傾向にあります。

 

「お歳暮」は1年間の感謝と、来年のお付き合いを願う意味を持つものですので、「お中元」よりも重要であるとされています。そのため、贈る品の値段の相場も「お歳暮」の方が高いです。

また、「お歳暮」の方が重要ですが、もちろん一番好ましいのは「お中元」と「お歳暮」はどちらも贈ることです。しかし、値段も高く大きな負担であることは間違いありません。どちらか片方だけ贈りたいという場合はより重要な位置づけにある「お歳暮」だけを贈るべきです。

「お中元」と「お歳暮」のルーツ


日本に根強く定着している「お中元」と「お歳暮」ですが、それぞれ全く異なるところにルーツを持っています。

それぞれのルーツを知ることで、「お中元」と「お歳暮」のそれぞれの違いをより確かなものにできるでしょう。

「お中元」の由来

「お中元」のルーツは、中国にあります。古来、中国では、1月15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を「下元」とし、これら三つを「三元」と呼んでいました。

「三元」のそれぞれの日は、道教(どうきょう、儒教、仏教に並ぶ中国三大宗教の一つ)の教えに基づき、様々な祭事が行われていました。

 

その中でも、特に7月15日の「中元」は、様々な罪が赦(ゆる)される「贖罪(しょくざい)の日」でした。贖罪とは、自分が過去に犯した罪や過失を償う、罪滅ぼしのことです。

この「贖罪の日」に、お酒や食事をふるまうことで、罪は赦されるとされていました。

 

さらに、道教だけでなく、同じく中国三大宗教の一つである仏教でも、7月15日は「盂蘭盆会(うらぼんえ、お盆のこと)」の日ということで、特別な日とされていました。

それが後に日本に伝わり、形を変えながら、「感謝を表す日」「相手の健康を願う日」となり、物品を贈り合う習慣が定着したと言われています。

「お歳暮」の由来

「お歳暮」は、「お中元」とは異なり、ルーツは日本の「お正月」にあります。

「お正月」に、「御霊祭(みたままつり)」という、お正月に祖先の霊を迎え入れることが目的とされた行事が行われていました。

この「御霊祭」を控え、年末までにお供え物(塩鮭、数の子など)を贈り合う習慣がありました。その習慣が少しずつ形を変え、いつしかお世話になった親戚や会社の上司などに物品を贈り、感謝を伝える「お歳暮」として定着しました。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「お中元」と「お歳暮」の違いについて解説しました。

  • お中元:7月。半年間の感謝を表し、さらに相手の健康を願う。
  • お歳暮:12月。1年間の感謝を表し、来年のお付き合いも願う。
「お中元」と「お歳暮」はどちらも物品を贈り合う習慣ですが、それぞれには明確な違いやそれに伴う注意点があります。ルーツも全く異なるところにあり、意外に思われた方も少なくないと思います。

それぞれの違いを認識したうえで、「お中元」と「お歳暮」を贈るようにしましょう。

スポンサードリンク