「門外漢(もんがいかん)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「門外漢(もんがいん)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳わかりやすく解説します。

「門外漢」の意味をスッキリ理解!

門外漢(もんがいかん):その分野を専門としていない人

「門外漢」の意味を詳しく

門外漢には大きく分けて以下の2つの意味があります。

  1. その分野を専門としていない人
  2. 直接かかわったことがない人。無関係な人

①はその分野の専門家ではない人のことを表します。

②はある対象や噂に対してまったく関係のない人のことを表します。

「門外漢」の使い方

  1. 彼は教育学について門外漢だ。
  2. ラグビーを観戦したけれど門外漢の私はさっぱりルールがわからなかった。
  3. ドキュメンタリーをみたけれど、今のIT技術は門外漢の私が想像する以上に進んでいた。
  4. 彼にとってあなたは全く知らない門外漢だ。

①②③はそれも専門分野ではないという意味で「門外漢」を使っています。

「門外漢だ。」「門外漢である。」など名詞として使われることが多いです。

「門外漢」の語源

「門外漢」を、構成する漢字の意味はそれぞれ以下の通りです。

  • :学問や芸などを学ぶところ
  • :一定の範囲から外れた部分や人
  • :男性

門外漢の門は出入り口のことだけではなく、学問や芸などを学ぶところの意味を持ちます。

それぞれの漢字の意味から、学問や学ぶところから外れた人という意味が推測できます。

ここで注意してほしいことは、「門外漢」の「漢」は男という意味を表すのですが、「門外漢」は女性にも適用されるということです。

「門外漢」は男女ともに通じる言葉であるとおさえときましょう。

「門外漢」の類義語

門外漢には以下のような類義語があります。

  • 専門外:自分の専門ではない分野の事柄
  • 素人(しろうと):ある事に経験のない、専門的でない人
  • 畑違い:専門とする分野・領域が異なること。
  • 余計者:いないほうがいいようなもの。厄介者(やっかいもの)
  • 一匹狼:単独で行動している人のこと

特に、素人と門外漢はよく似ていますが、ニュアンスが微妙に違うため注意しましょう。

素人は、門外漢の意味に加えて、「未熟な人」「経験の少ない人」といった意味を含みます。また、素人の場合、その道に少しは関係のある人です。

「門外漢」の対義語

門外漢には以下のような対義語があります。

  • 専門家:ある特定の学問を専門に研究・担当して、それに精通している人
  • 玄人(くろうと):技芸などその道に熟達した職業人・専門家
  • プロ:職業として行うこと
  • 人気者:多くの人々の受けがよくて、もてはやされる人。
  • 明星(みょうじょう):ある分野で最も人気のある人のたとえにも使う

「門外漢」の英語訳

門外漢を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • layman
    (あることについて全く知らない人)
  • outsider
    (よそ者)

以下は「門外漢」を使った例文です。

例文
He is a layman in educational psychology.
(彼は教育心理学について門外漢だ。)

また、outsiderは門外漢という意味ですが、以下の意味で使うことも多いです。

  • a rank outsider:全く勝ち目のない馬
  • まとめ

    以上、この記事では「門外漢」について解説しました。

    読み方門外漢(もんがいかん)
    意味その分野をせんもんとしていない人
    語源学問や学ぶところから外れた人
    類義語専門外、素人、畑違い、余計者、一匹狼など
    対義語専門家、玄人、プロ、人気者、明星など
    英語訳layman(あることについて全く知らない人)、outsider(よそ者)

    「門外漢」は、「素人」や「畑違い」に代わる言葉としてよく使われる言葉です。

    一般常識としても問われる言葉であるため、覚えておくと非常に便利です。