今日から役立つ!「滅菌」「殺菌」「抗菌」「除菌」の違い

違いのギモン

「滅菌(めっきん)」「殺菌(さっきん)」「抗菌(こうきん)」「除菌(じょきん)」は、生活のなかでよく聞く言葉ですね。

どれも菌への対処を指しているため、似ているように感じられます。しかし、これらにはそれぞれ異なる特徴があるのです。

そこで、この記事では、「滅菌」「殺菌」「抗菌」「除菌」の違いを解説します。

スポンサードリンク

結論:菌への対処の程度が異なる

「滅菌」「殺菌」「抗菌」「除菌」の違いを分かりやすくまとめたものが以下の表になります。

滅菌菌の数が100分の1になるまで死滅させること。
殺菌菌を死滅させること。程度の定義はない。
抗菌菌の増殖を防ぐこと。程度の定義はない。
除菌一部の菌を物理的に減らすこと。

「滅菌」をもっと詳しく


「滅菌」の「滅」は「ほろびる」という意味ですね。この由来からもわかるように、「滅菌」は、全ての菌を死滅させることを指します。

ただし、すべての菌を死滅させ、無菌状態にすることはほぼ不可能です。ですから、菌の数が100分の1まで減った時点で「滅菌した」ということができます

とはいえ、100分の1の量に減らすというのも難しい作業です。たとえば、手についた菌の数を100分の1まで消し去るためには、皮膚の細胞にダメージを与えなければならないため、危険です。

 

このことから、「滅菌」は日常生活では行われないことがわかります。「滅菌グッズ」などという名称の商品が売られていないのは、このためなのです。

ですから、基本的に、「滅菌」は生物学の実験などで行われます。具体的には、加熱や電磁波、ガスなどで菌を死滅させます。

スポンサードリンク

「殺菌」をもっと詳しく

「殺菌」は「菌を殺す」と書きますね。このことからもわかるように、「殺菌」は菌を死滅させることを指すのです。

一見、「殺菌」は「滅菌」と似ているように感じられます。しかし、「滅菌」がすべての菌を死滅させるという定義をもつのに対して、「殺菌」は「死滅させる程度」が明確に決まっていないという違いがあります。

つまり、全ての菌のなかの一部をなくしただけでも、「殺菌」といえるのです。このため、「殺菌の効果がある」と宣伝されていても、有効性があまりないものもあります。

 

「滅菌」という表現を使うことが認められているのは、消毒液などの医薬品(※1)や、石鹸などの医薬外部品(※2)です。

洗剤や漂白剤のような雑貨品(※3)には、「滅菌」という言葉は使えません。

 

  • 医薬品(※1):疾患の治療を目的としたもの。厚生労働省が効果を認めた有効成分が入っている。
  • 医薬外部品(※2):病気の予防を目的としたもの。有効成分がある程度入っている。
  • 雑貨品(※3):薬事法の規制対象にならないもの。

「抗菌」をもっと詳しく


「抗菌」の「抗」という字には、「さからう」という意味があります。このことからもわかるように、「抗菌」は菌の繁殖を防止することを指すのです。

「抗菌」で作用する対象は、細菌のみです。このため、カビや黒ずみ、ヌメリには効果がありません

 

前項で解説した「殺菌」と同じく、「菌への対処の程度」は定義はされていません。

つまり、「抗菌」は、菌の繁殖をどの程度防ぐかという点は厳密に決められていないのです。少しだけ菌の繁殖を防ぐ程度であっても「抗菌」ということができるということです。

ですから、「抗菌効果がある」といわれるものも、あまり効果が出ないという場合があります。

 

抗菌の加工がほどこされているものの例として、下記の内容が挙げられます。

  • キッチン用品
  • 靴下
  • 柔軟剤
  • 家電製品
  • 住宅建材
  • ペット用品
スポンサードリンク

「除菌」をもっと詳しく


「除菌」とは、物理的な方法で、菌の量をある程度減らすことです。

「除菌」のアイテムとしては、次のようなものが挙げられます。

  • 台所洗剤
  • 洗剤
  • 漂白剤
  • ウエットティッシュ

上記のものはすべて、皮膚や衣服にこすりすけて、水で流すものですね。つまり、物理的な方法で菌をなくしています。

また、これらは全ての菌を消し去ることはできません。あくまでも、一定数の菌をなくすことしかできないのです。

まとめ

以上、この記事では、「滅菌」「殺菌」「抗菌」「除菌」の違いについて解説しました。

最後にもう一度、下記の表を確認しましょう。

滅菌菌の数が100分の1の数になるまで死滅させること。
殺菌菌を死滅させること。程度に定義はない。
抗菌菌の増殖を防ぐこと。程度に定義はない。
除菌一部の菌を物理的に減らすこと。

これら4つのなかで、「滅菌」の威力が最も強いといえます。

それぞれの機能を知っておかなければ、衛生管理を適切に行うことができません。今まで4つの言葉の意味を深く考えたことのなかった方も、あらためて生活用品を手に取って、「滅菌」「殺菌」「抗菌」「除菌」のうちのどの機能を持ち合わせているのか確認してみましょう。

スポンサードリンク