「カラスの行水」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

カラスの行水とは「入浴時間がとても短い」という意味です。

「なぜカラスの行水と言うの?」「英語ではどのように表せば良いのだろう」といった疑問を抱いている人が多いのではないでしょうか。

この記事では、カラスの行水の意味や由来、類義語、対義語、英語訳などについて詳しく解説します。

「カラスの行水」の意味

カラスの行水ぎょうずい
入浴時間がとても短い

カラスの行水とは、入浴時間がとても短いことです。

「ゆっくりお風呂に入らないと、疲れが取れない」「入浴時間が短いと、体の汚れをしっかり落とせない」というネガティブな意味合いで使われることが多いです。

「カラス」の部分を漢字にして、「烏の行水」と表記することもあります。

なお、「行水」の読み方は「ぎょうずい」であるため、「ぎょうすい」と読まないようにしましょう。

「行水」とは

行水とは、桶やたらいを使って体を洗い流すことです。

「カラスの行水」での「行水」は入浴全般を広く指すため、「カラスの行水」を用いるうえでは、「桶やたらいを使っているかどうか」などを考える必要はありません。

ちなみに、「行水」はもともと仏教での用語でした。

宗教的な行事の前に、水で手を洗ったり、口をすすいだりして身を清めることを「行水」と呼んでいたのです。

「行水」は夏の季語

俳句において、「行水」は夏の季語として使われます。

夏の暑い日は、水を浴びることで汗を流したり、涼んだりすることがあるからです。

「カラスの行水」の誤用


「カラスの行水」のよくある誤用として、以下の2つがあります。

「カラスの行水」の誤用
  1. 鳥の行水
  2. スズメの行水

誤用①鳥の行水

鳥の行水は、カラスの行水の誤用です。

「カラス」を漢字にすると、「烏(カラス)」となります。

「烏(カラス)」という字と、「鳥(トリ)」という字が似ているため、「鳥の行水」という誤用を使ってしまう人が多いのです。

正しくは「烏の行水」ですから、注意しましょう。

誤用②スズメの行水

スズメの行水も、カラスの行水の誤用です。

スズメの行水と、別のことわざ「雀(すずめ)の涙」を混同する人が多いのです。

「雀の涙」とは、「ごくわずかなもののたとえ」です。

スズメの行水という言葉はありませんから、気をつけましょう。

ことわざ「雀の涙」の意味と使い方:例文付き

「カラスの行水」の使い方・例文

「カラスの行水」は、主に以下のようなかたちで使います。

「カラスの行水」の使い方
  • カラスの行水だ
  • カラスの行水になる
  • カラスの行水は〜

実際の例文を見てみましょう。

例文
  1. 彼は風呂嫌いで、まさにカラスの行水
  2. 普段は忙しく、カラスの行水になりがちだ。
  3. カラスの行水はやめて、今日はゆっくり温泉を楽しんでください。

なお、「カラスの行水」は、文脈やシチュエーションによって、「具体的に何の時間が短いのか」という点が微妙に異なります。

湯船につかる時間を指すこともあれば、浴室に入ってから出てくるまでの時間を指す場合もあります。

「カラスの行水」の由来


「カラスの行水」は、カラスの「水浴びの時間が短い」という習性に由来します。


photo by Andy Whittle

カラスは、体についた汚れを落とすために、川などで水を浴びる習性があります。

カラスの水浴び時間は、およそ1~3分と言われています。

人間に置き換えて考えると、数分間の入浴は非常に短いですよね。

このことから、入浴時間が短い人を、カラスの水浴びに例えて、「カラスの行水」と言うようになったのです。

スズメやハトの水浴び時間はさらに短い

ちなみに、スズメやハトの水浴びは数十秒で終わってしまいます。

カラスよりも水浴びの時間が短いのです。

※水浴び時間が短いからといって、「スズメの行水」「ハトの行水」とは言いません。

「カラスの行水」の類義語

カラスの行水には以下のような類義語があります。

類義語
ひと風呂(ひとっぷろ)
サッと入浴すること
※「ひとふろ」と読む場合もある

「ひと風呂」は、「浴びる」という言葉と一緒に使われます。

「ひと風呂」の例文
  • さて、ひと風呂浴びてくるか。
  • 先ほどひと風呂浴びたので、今は涼しい。
  • 朝起きて、ひと風呂浴びた
「ひと風呂」は長風呂を指す場合もある

「ひと風呂」は、まれに、「じっくり湯船につかる」という真逆の意味で使う場合もあります。

「カラスの行水」の対義語

カラスの行水には以下のような対義語があります。

対義語
  • 腰抜け風呂(こしぬけぶろ)
    入浴時間が長いこと
  • 垢も身の内(あかもみのうち)
    入浴時間が長いこと

上記の対義語は、どちらも、入浴時間が長すぎる人に対して、ネガティブな意味で使います

「腰抜け風呂」の意味を詳しく

「腰抜け風呂」は、「“腰が抜けて、風呂場から出られなくなったのではないか” と思うほど、入浴時間が長い」ということを表します。

入浴時間が長い人を注意したり、からかったりするときに使います。

「垢も身の内」の意味を詳しく

「垢も身の内」は、「垢も、元々は体の一部なのだから、そこまで入念に体を洗わなくても問題ないよ」ということを表します。

「腰抜け風呂」と同じく、「垢も身の内」も、入浴時間が長すぎる人をたしなめるときに使います。

「カラスの行水」の英語訳

カラスの行水を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • a quick bath
    (素早い入浴)
  • a quick dip
    (素早い入浴)
  • a hurried bath
    (急いだ入浴)

“a quick bath” を用いた例文

“a quick bath” を用いた例文には、以下のようなものがあります。

例文
  • His bath was like a quick bath.
    (彼の入浴は、まるでカラスの行水のようだ。)

“a quick dip” を用いた例文

“a quick dip” を用いた例文には、以下のようなものがあります。

例文
  • My bath is always just a quick dip in the tub.
    (私はいつも、カラスの行水をしている。)
  • She had a quick dip in bath.
    (彼女はカラスの行水をした。)

“dip” は、「ちょっと浸す」という意味です。

“a hurried bath” を用いた例文

“a hurried bath” を用いた例文には、以下のようなものがあります。

例文
  • I took a hurried bath.
    (私は、カラスの行水をした。)
  • Don’t take a hurrid bath !
    (カラスの行水をしないで。)
「カラスの行水」は英語に直訳するのはNG

「カラスの行水」をそのまま英語に訳すと、“crow’s bath” (カラスの入浴) となります。

しかし、“crow’s bath” という英語では、「入浴時間が短い」という意味は伝わらないため、注意しましょう。

「カラスの行水」になる要因


カラスの行水になる要因は、人それぞれです。

傾向としては、おもに以下のようなものが挙げられます。

「カラスの行水」になる要因
  • 入浴が面倒
  • 忙しく、入浴時間を充分に確保できない
  • 短い入浴で、水道代などを節約したい
  • 次に入浴する人を待たせられない

補足:鳥の名前を用いた言葉


「カラスの行水」のほかにも、鳥の名前を用いた言葉はたくさんあります。

参考までに覚えておきましょう。

  • 鷺(さぎ)を烏
    間違った主張を押し通そうとすること
  • 闇夜(やみよ)に烏 雪に鷺(さぎ)
    見分けがつかないこと
  • 闇に烏
    見分けがつかないこと
  • 似たものは烏
    よく似ていること
  • どこの烏も黒さは変わらぬ
    どの土地に行っても、目新しいものはないこと
  • 今鳴いた烏がもう笑う
    今まで泣いていた人が、すぐに機嫌を直して笑う
  • 鳩が豆鉄砲を食ったよう
    思いがけない出来事に驚くこと

補足:カラスの基本知識


カラスに関する基本的な知識についても、おさえておきましょう。

カラスのイメージ

現代においてカラスは、悪い印象を抱かれやすい動物です。

たとえば、物語などでは、「不吉の象徴」「魔女の手先」といった存在で描かれることがあります。

また、都市部などでゴミを漁るカラスが多いため、カラスを嫌う人も多いです。

しかし、神話では「神の使い」とされていた点や、知能が非常に高い点をふまえると、神聖で優れた動物と捉えることもできます。

カラスの種類

カラスは、「スズメ目カラス科カラス属」に分類されます。

世界中に生息している鳥です。

日本には、合計で7種類のカラスがいます。

種類名体長特徴
ハシブトガラス56cmカーカーと鳴き、都市部にも多数生息する
ハシボソガラス50cmガーガーと鳴き、農村部でよく見られる
コクマルガラス30~33cmキューキューと鳴き、首から腹にかけての色が白い
ミヤマガラス44~47cmガーガーと鳴き、他の種類のカラスとも群れを作る
ワタリガラス60~65cmカポポッと鳴き、冬に北海道で見られる
ホシガラス35cm茶色い羽毛に白斑点模様があり、山岳で見られる
カチガラス45cm九州地方の天然記念物で、カシャカシャと鳴く

「カラスの行水」のまとめ

以上、この記事では「カラスの行水」について解説しました。

読み方カラスの行水(ぎょうずい)
意味入浴時間がとても短い
由来カラスの水浴び時間が短いことから
類義語ひと風呂
対義語腰抜け風呂、垢も身の内など
英語訳a quick bath(素早い入浴)、a quick dip(素早い入浴)

総務省が2016年に実施した調査によると、日本の平均入浴時間は、男性28分・女性35分だということがわかっています。

この平均時間を大幅に下回っている場合、あなたは「カラスの行水」といえます。

たまにはゆっくりお風呂に入って、日頃の疲れを癒してみましょう。

ABOUT US

Chinatsu
Chinatsu
新卒1年目でWebライター3年目。 学生時代からWebライターの仕事を始め、多くの記事を執筆・編集してきました。 丁寧な解説に定評があります。