ことわざ「犬も歩けば棒に当たる」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「犬も歩けば棒に当たる」です。

言葉の意味や使い方・由来・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「犬も歩けば棒に当たる」の意味をスッキリ理解!

犬も歩けば棒に当たる:何か行動を起こすことで思いがけない幸運に出会うということ

「犬も歩けば棒に当たる」の意味を詳しく


「犬も歩けば棒に当たる」は、以下のように、二つの真逆の意味を持つことわざです。

  1. 余計なことをすると、思いがけない災難に出会うということ
  2. 何か行動を起こすことで、思いがけない幸運に出会うということ

元々は、➀の意味で使用されていたことわざでしたが、現在では➁の意味で用いられることが多いです。

 

まずは➀の意味について解説します。

どうしても人間は、じっとしていればよい状況で、出しゃばったり、余計なことをしてしまうことがあります。

そのような時に、思ってもいなかった災難がその人の身に降り注ぐというのが➀の意味です。

 

例としては、じっとしていればお小遣いを貰えたのに、余計にしつこくねだったがために、貰えなくなってしまうことが挙げられます。

このように、➀の意味は、「余計な行動への戒め」として使われます。

 

次に➁の意味について解説していきます。

自分から何かしらの行動を起こすことは、現代においては「良いこと」として捉えられることが多いです。そのように、自分から積極的に行動を起こすことで、思ってもいなかった幸運に巡り合うことができるというのが➁の意味です。

 

例としては、会社で何か問題が発生した時に、とにかく外に足を運んでいたら、他社の人の助けを借りることができた場面が挙げられます。

このように、➁の意味は、「何かしら行動を起こすことの大切さ」を表す教訓として使われます。

前述したように、現在は「犬も歩けば棒に当たる」は➁の意味で使われることが圧倒的に多いです。

 

ちなみに、「犬も歩けば棒に当たる」は誤用されやすいことわざでもあります。

意味を、「反射神経の良い犬でも、歩いている際に棒に当たってしまうこともある」と捉えてしまう誤用例が目立ちます。得意な人も失敗することがあるという意味の「猿も木から落ちる」と混同してしまっているのです。

言葉自体は確かに似ていますが、意味は全く異なるので注意が必要です。

スポンサードリンク

「犬も歩けば棒に当たる」の使い方

  1. 犬も歩けば棒に当たると言うように、変に意見を言うと何かしら悪いことが起きるからやめておこう。
  2. 就職活動中は犬も歩けば棒に当たるという言葉を信じて、とにかく色々なところに足を運んでいた。
  3. 今日は会社が休みだったが、街に出歩いてみたら、ファンの歌手に会うことができた。まさに犬も歩けば棒に当たるだ。

➀の例文では、「何か余計なことをすると思いがけない不運に出会う」という意味で「犬も歩けば棒に当たる」が使われています。

➁と➂の例文では、「何かしら行動を起こすことで思いがけない幸運に出会う」という意味で「犬も歩けば棒に当たる」が使われています。繰り返しにはなりますが、現在はこちらの意味で使われることが一般的です。

「犬も歩けば棒に当たる」の由来

「犬も歩けば棒に当たる」は江戸時代から存在したことわざです。江戸時代に江戸で広まった「江戸いろはかるた」の第1句にあたります。

江戸時代は、現代のように犬を鎖(くさり)などで繋(つな)いでおくという習慣が無く、野犬が非常に多い時代でした。犬はいたずらをするなどの理由で、棒で叩かれることも多く、単に歩いているだけで、災難な目に遭うことがありました。このことから「犬も歩けば棒に当たる」は生まれました。

また、「当たる」という言葉には、「幸運と結びつく」というイメージがあります。このことは、「宝くじが当たる」と言うことからも分かると思います。

「当たる」のプラスのイメージと、「積極性」を尊重する時代背景が相まって、「何か行動を起こすことで、思いがけない幸運に出会うということ」という意味で頻繁に使われるようになりました。

スポンサードリンク

「犬も歩けば棒に当たる」の類義語

「犬も歩けば棒に当たる」には以下のような類義語があります。

  • 歩く足には泥(どろ)が付く:何か物事を行うと、それに伴って煩(わずら)わしいことが起こるということ
  • 歩く足には棒当たる:何か物事を行うと、それに伴って煩わしいことが起こるということ
  • 藪(やぶ)をつついて蛇(へび)を出す: 必要の無いことをしたがために災難に遭うこと
  • たまに出る子は風に遭(あ)う:普段しないようなことをすると、失敗するということ
  • 思い立ったが吉日(きちじつ):何か物事を始めようと思ったら、日を選ばずすぐに行動した方が良いということ
  • 怪我(けが)の功名(こうみょう):失敗や過失、あるいは何気なくしたことが、思いがけず良い結果になるということ

「歩く足には泥が付く」「歩く足には棒当たる」「藪をつついて蛇を出す」「たまに出る子は風に遭う」は、「何か余計なことをすると思いがけない不運に出会う」という意味における類義語です。

一方、「思い立ったが吉日」「怪我の功名」は、「何かしら行動を起こすことで思いがけない幸運に出会う」という意味における類義語です。

「犬も歩けば棒に当たる」の対義語

「犬も歩けば棒に当たる」は、二つの意味を持つ言葉であるため、使用する場面によって対義語は変わります。また、二つの意味は真逆の意味であるため、前述した類義語がそれぞれ対義語にもなります。

「何か余計なことをすると思いがけない不運に出会う」という➀の意味における対義語は以下のようになります。

  • 思い立ったが吉日:何か物事を始めようと思ったら、日を選ばずすぐに行動した方が良いということ
  • 怪我の功名 :失敗や過失、あるいは何気なくしたことが、思いがけず良い結果になるということ

「何かしら行動を起こすことで思いがけない幸運に出会う」という➁の意味における対義語は以下のようになります。

  • 歩く足には泥が付く :何か物事を行うと、それに伴って煩わしいことが起こるということ
  • 歩く足には棒当たる:何か物事を行うと、それに伴って煩わしいことが起こるということ
  • 藪をつついて蛇を出す:必要の無いことをしたがために災難に遭うこと
  • たまに出る子は風に遭う : 普段しないようなことをすると、失敗するということ
スポンサードリンク

「犬も歩けば棒に当たる」の英語訳

「犬も歩けば棒に当たる」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • The beast that goes always never wants blows.
    (歩き回る獣はいつも叩かれる。)
  • The dog that trots about finds a bone.
    (歩き回る犬はいつも骨を見つけられる。)
  • A flying crow always catches something.
    (飛んでいるカラスはいつも何かを捕まえる。)

The beast that goes always never wants blows. は、前述した➀の意味のあたります。

The dog that trots about finds a bone. と A flying crow always catches something. は、前述した➁の意味の英訳です。

まとめ

以上、この記事では「犬も歩けば棒に当たる」について解説しました。

意味 余計なことをすると思いがけない災難に出会うということ、何か行動を起こすことで思いがけない幸運に出会うということ
由来 江戸時代は野犬が多く、犬は棒で叩かれることが多かったため
類義語 歩く足には泥が付く、思い立ったが吉日など
対義語 思い立ったが吉日、歩く足には泥が付くなど
英語訳 The beast that goes always never wants blows. (歩き回る獣はいつも叩かれる。)・The dog that trots about finds a bone.( 歩き回る犬はいつも骨を見つけられる。)

「犬も歩けば棒に当たる」の意味や使い方など理解することはできたでしょうか。反対の二つの意味を持つ、非常に珍しいことわざということもあり、類義語や対義語は特に複雑な関係にあります。

しかし、現在では「何か行動を起こすことで、思いがけない幸運に出会う」という意味で使われることがほとんどです。

したがって、そちらの意味を基本として覚えて、実はそれとは真逆の意味もある珍しいことわざであると覚えておくと良いでしょう。

スポンサードリンク