どちらをやる?「インターンシップ」と「アルバイト」の違い

違いのギモン

大学生なら一度は耳にしたことがある「インターンシップ」と「アルバイト」。実際にやっている人も多いと思います。

インターンシップの中にはアルバイトのように給与が発生するものもあり、それぞれどのような違いがあるのかあいまいな人も多いのではないでしょうか。

この記事では、「インターンシップ」と「アルバイト」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:インターンシップは自己成長のためのもの

インターンシップとアルバイトの一番の違いは行う目的です。アルバイトの主な目的は「収入」であるのに対して、インターンシップは「成長」です。また、対象がインターンシップは学生であるのに対して、アルバイトは特に決まっていません。

インターンシップの種類


インターンシップと言っても、「短期インターンシップ」と呼ばれるものと、「長期インターンシップ」と呼ばれるものがあるのはご存知でしょうか。まずは、それぞれのインターンシップを紹介します。

短期インターンシップ

短期インターンシップは主に就職活動を控える大学生に向けて、新卒採用を行う企業が就職活動の解禁前に実施するインターンシップです。期間は「短期」という名前が示すように1日~1週間程度と様々です。

短期インターンシップでは実際の業務を行うことはほとんどなく、職業体験のような意味合いが強くあります。「体験型インターンシップ」と呼ばれることもあります。

実際に行う中身としては、その企業の実際の業務内容を説明する座学から、グループワークやグループディスカッションなど様々です。それらを通して、実際にその企業で働くイメージをつけます。

 

企業がそのような短期インターンシップを実施する目的としては、就活を控える大学生に対して就業体験の場を提供することです。位置づけとしては「会社を知ってもらうための活動」、「慈善活動」と表向きではなっています。

しかし、最近の短期インターンシップは、「優秀な学生に早く目をつけるための採用活動の一環」という側面が強くなっています。

 

戦後稀にみる、完全な売り手市場の現在、各企業優秀な学生の奪い合いが過熱しており、企業はグループワークやグループディスカッションでの学生の立ち回りをチェックし、優秀な学生に目を付けます。

目を付けられた学生には後日個別で連絡が来て、通常の採用とは異なる特別な採用の案内がなされるなどします。

また、短期インターンシップの参加に実際の選考のように、面接やグループディスカッションのような選考を実施している場合も多く、参加者全員が優秀と判断され、短期インターンシップ参加者全員に特別な選考が実施されることもあるなど様々です。


 

学生もそのような裏側を知っており、就職活動が本格化する前から短期インターンシップに参加する人がほとんどです。誰もが知っている企業の短期インターンシップとなると、本採用(通常の採用)以上の倍率、難易度の場合もあり、学生も必死に選考の対策に励みます。

このように、短期インターンシップは、「就業体験の場」から「採用活動の一環」と形を変えているのが事実です。

長期インターンシップ

長期インターンシップは主にベンチャー企業、その中でも特にIT企業が実施している長期型のインターンシップで、基本的には給与が発生します。そのため、「有給インターンシップ」と呼ばれることもあります。

長期インターンシップでは実際の業務を任され、学生は就職前にスキルを身に付けることができるといった大きなメリットがあります。

 

対象は大学1年生から就職先が決まった大学4年生までと様々で、短期インターンシップと比較すると、「採用活動の一環」という側面は薄いと言えます。

給与が発生するという点から、アルバイトと間違えやすいのはこの「長期インターンシップ」の方です。

スポンサードリンク

「インターンシップ」をもっと詳しく


ここでいうインターンシップは、前で説明した通り、「長期インターンシップ」を指すこととします。インターンシップの対象は学生です。

インターンシップに参加する学生の目的は、「自分自身を成長させるため」にあります。インターンシップでは、実際の社員と同等の業務、同等の責任を要求され、その経験を通してスキルアップを図ります。

 

学生でありながらも仕事の裁量も大きく、スキルが身につくのはもちろん、社会の仕組みや社会の厳しさを経験する場にもなります。アルバイトとは異なり、マニュアル通りというよりも自分の頭で考えて行動することも求められ、企業側も本気で指導、アドバイスをしてくれます。

長期インターンシップの経験を実際の就職活動の面接でアピールする学生も多く、新卒採用を行う企業側も長期インターンシップを経験した学生はスキルが高いことが計算できるため、大きなアピールポイントとなります。

 

企業側として長期インターンシップを実施するメリットとして大きなものは、「コストパフォーマンスの高い人材」を雇うことができるということです。

一般的に長期インターンに参加する学生は意識が高く、学歴も高い傾向にあります。実際にその企業が行う新卒採用では獲得できないような高学歴の優秀な学生を長期インターンシップという形で雇うことができるのです。

さらに、学生の目的も「成長のため」であるため、アルバイトと比較してもやる気も高く、企業側はインターン生を労働力として計算します。

 

それでいて、学生に支払う給与は社員ほど高いものではないので、コストパフォーマンスの高さが大きな魅力として捉えられています。

また、あわよくばインターンシップ生にはそのまま大学卒業後もその企業で働いてもらおうといった狙いも持っていることもあります。

インターンシップは学生にとっては「成長の場」、企業にとっては「優秀な人材の確保」というお互いにメリットのある制度で、年々このような形のインターンシップは増加傾向にあります。

「インターンシップ」の使い方の例

  • 大学入学後はインターンシップでスキルを磨くつもりだ。
  • ビジネスマナーは大学時代のインターンシップで身に付けた。

「アルバイト」をもっと詳しく


アルバイトはインターンシップとは異なり、対象は学生だけにはとどまらず、高校生から大人まで幅広いです。

アルバイトを学生が行う一番大きな目的は「お金を稼ぐこと」にあります。マニュアル通り、決められた通りの仕事をこなせば、決まった時給を受け取ることができ、大学生活において何かとかかるお金を自分自身で稼ぐことができます。

また、アルバイトの場合、立場としては社員とは明確な線引きがあり、仕事の裁量としてはあまり大きくはありません。インターンシップのように自分の頭で考えて主体的に行動するというよりも、社員に指示されたように業務をこなすということが基本です。

 

企業側、店側はアルバイトを募集する目的は、単純に「労働力の確保」にあります。業種も様々ですが、飲食店や小売のような接客業や、引っ越し、倉庫内作業のような力仕事などがあります。

店などを安定的に回すための人材を確保するためのアルバイトであるため、基本的にアルバイトに求めることはマニュアル通り、指示通りに働いてもらうことにあり、アルバイトに成長意欲のようなものまではあまり求めません。

単純労働でお金を稼ぎたいという人と、店などを回す人材を確保したいという双方のメリットを掛け合わせたものがアルバイトということになります。

「アルバイト」の使い方の例

  • 大学生になったらお金を稼ぐためにアルバイトをやるつもりだ。
  • 従業員が足りないのでアルバイトを募集する。
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「インターンシップ」と「アルバイト」の違いについて解説しました。

  • インターンシップ:目的は自己成長のため。対象は学生。
  • アルバイト:目的は収入。対象は特に決まっていない。

インターンシップとアルバイトにはこのように目的と対象に違いがあります。

それぞれ行う目的が大きく異なるため、自分がその経験を通してどうしたいのかに合わせて選択することが重要です。

また、インターンシップと言っても、「長期インターンシップ」と「短期インターンシップ」の二つの種類があり、混同しないように気を付けることも必要です。

スポンサードリンク