どんな違いが?「副業」と「複業」の違いをわかりやすく解説!

違いのギモン

近年、「副業」を始める人が増えてきました。この記事をご覧の方にも「副業」をしている方がいることでしょう。

あまり馴染みない熟語かもしれませんが、「複業」という言葉も使われています。働き方改革が進み、これからも「副業」もしくは「複業」をする人は増えていきます。

本記事では、「副業」と「複業」の違いを、わかりやすく例を挙げて解説していきます。

結論:「副業」は本業でない仕事、「複業」はどちらも本業

「副業」は、別にメインの仕事である本業がある人が、本業の空き時間を利用して行う仕事です。一方、「複業」は複数の仕事を持つことです。

「副業」をもっと詳しく


「副業」は、別にメインの仕事である本業がある人が、本業の空き時間を利用して行う仕事です。

雇用形態によって、以下のように分類されます。

  • アルバイト
  • 在宅ワーク
  • 内職
たとえば、日中はサラリーマンとして働き、夜に内職を行い追加で収入を得るのであれば、内職が「副業」になります。

 

以前は、厚生労働省が定める「モデル就業規則」に「副業は原則禁止」とありました。したがって、副業を原則禁止とする企業が主流でした。

しかし、厚生労働省は新しく「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を発表しました。このガイドラインは名前の通り、「副業」を推奨しています。

先ほどの「モデル就業規則」からも「副業は原則禁止」とする規定が削除されました。

これらの動向やワークライフバランスなどの考え方が広まったこともあり、「副業」を解禁する企業が増えています。

「副業」の使い方の例

「副業」を使用した例文を以下に示します。

  1. ここのところ残業が続いており、副業まで手が回らない。
  2. 副業として始めたデザイナーの仕事が、本業の収入を上回った。
①は残業が生じている仕事を本業として、本業ではない仕事である「副業」を使用しています。

②は本業との対比で「副業」が使用されています。

「複業」をもっと詳しく


「複業」とは、複数の仕事を持つことです。「副業」との違いは、それぞれの仕事に「主」や「副」という関係がなく、どちらも近い重要性を持っている点です。

「副業」は勤務時間、収入ともに「本業」と比較して少なくなる傾向があります。しかし、「複業」はどちらの仕事も勤務時間、収入は近しい傾向があります。

「複業」の使い方の例

「複業」を使用した例文を以下に示します。

  1. デザイナーの仕事をしていたが、建築事務所に入り複業することにした。
  2. 複業をしている人は税金などの事務手続きの量が多くて大変そうですね。

①の「複業」は、デザイナーの仕事と建築事務所での仕事のどちらも本業であることを表します。

②はふたつの仕事を持つという意味で「複業」が使用されています。

「副業」と「複業」の類義語

「副業」と「複業」には似た意味の言葉があります。それらを箇条書きで紹介します。

  • 兼業
    「兼」は「かけもつこと」を意味する漢字です。つまり、「ふたつ以上の仕事を持っていること」という意味で使用されます。「複業」と同じ意味です。
  • Wワーク
    主にアルバイトをふたつ以上掛け持ちしている場合に使われる言葉です。
  • サイドビジネス
    本業のほかに行っている仕事を指します。つまり、「副業」と同じ意味です。
  • パラレルワーク
    「ふたつ以上の仕事を持っていること」を表します。しかし、「副業」や「複業」とは収入を目的としていない点が異なります。主に、キャリアアップのためのボランティア活動などを指します。

まとめ

以上、この記事では、「副業」と「複業」の違いについて解説しました。

  • 副業:本業の空き時間を利用して行う仕事
  • 複業:複数の仕事を持つこと
記事で解説したように、「副業」と「複業」には明確な違いがありました。

ワークライフバランスなどの考え方が広まるにつれ、さらに「副業」や「複業」に関わる機会が増えていくでしょう。

その際にはこの記事の内容を思い出して使いわけるようにしてください。