知ってる?「ホームページ」と「ウェブサイト」の違いを解説

違いのギモン

最近は小さい子供からご高齢の方まで、誰もがインターネットを使える時代ですね。

その中で必ず耳にする言葉に「ホームページ」と「ウェブサイト」があります。みなさんはこの違いを説明できますか?

この記事では、知っているようで知らない、「ホームページ」と「ウェブサイト」の違いをわかりやすく解説していきます。

結論:現在は「ホームページ」=「ウェブサイト」

インターネットで表示される1枚のページのことを「ウェブページ」と呼びます。

「ウェブサイト」は「ウェブページ」をまとめた雑誌のようなもので、現在では「ホームページ」とも呼ばれています。

「ウェブサイト」をもっと詳しく

みなさんがスマホやパソコンでインターネットをするとき、必ず1枚の画面をスクロールして見ていきますよね。これを「ウェブページ」と呼びます。

みなさんが「Google」や「Yahoo」で検索をして表示される画面もすべてこの「ウェブページ」です。

それに対して、「ウェブサイト」は複数のウェブページをまとめた雑誌のようなものです。略して「サイト」と呼ばれることも多いです。

サイトを構成するウェブページは、「トップページ」と呼ばれる表紙のようなウェブページや、会社の概要が書かれたウェブページ、お知らせが書かれたウェブページなどさまざまです。

 

たとえば、今みなさんが見ている『知ってる?「ホームページ」と「ウェブサイト」の違いを解説』という記事は「ウェブページ」にあたります。

そして、この記事は『スッキリ』という日常の疑問などを集めた「ウェブサイト」の一部なのです。

「ホームページ」をもっと詳しく

現在「ホームページ」は主に「ウェブサイト」と同様の意味を指しますが、他にも幅広い使われ方をしています。

今回は、そんな多義化した「ホームページ」について詳しく解説します。

「ホームページ」は最初は全然違う意味だった?

かつて「ホームページ」は、「ブラウザーを開いたときに最初に表示されるページ」を指しました。実際に、現在もこの意味で使われることもあります。

「ブラウザー」というのはウェブページ・ウェブサイトを閲覧するためのアプリで、インターネットをする上での必需品です。有名なものに「Safari」「Google Chrome」「Microsoft Edge」「Internet Explorer」があります。

「ホームページ」とはそんな「ブラウザー」のアプリを開いたときに最初に表示されるウェブページを指します。基本的に自分で設定を変える事ができます。「Google」や「Yahoo! Japan」など、「検索サイト」と呼ばれるサイトをホームページに設定する事が多いです。

多義化していく「ホームページ」

その後、「ホームページ」は「ウェブサイト」のトップページを指すようになりました。「トップページ」とは先ほど少し説明したように、各サイトの表紙のような存在です。

さらにここから派生して、「ホームページ」は「ウェブサイト」や「ウェブページ」そのものを指すようになりました。

現在ではこの意味で使われる事がほとんどです。「最新情報は当社のホームページに…」のように使われており、厳密に「ホームページ」と「ウェブサイト」を区別する人はあまり見かけません。

まとめ

以上、この記事では、「ホームページ」と「ウェブページ」の違いについて解説しました。

  • ホームページ:現在は「ウェブページ」と同じ意味だが、他にも意味を持つ。
  • ウェブページ:「ウェブページ」を1つにまとめた雑誌のようなもの。
実は「ホームページ」と「ウェブページ」は同じ意味で使われていたんですね。

「ブラウザーの最初のページ」という意味での「ホームページ」も使われることがあるので、覚えておいてくださいね。