難しく考えなくても大丈夫!「吟醸」と「大吟醸」の違い

違いのギモン

日本酒には、様々な種類がありますが、「吟醸」や「大吟醸」と言われても、ピンとこないですよね。

この2種類の日本酒は、何が違うのでしょうか。この記事では、「吟醸」と「大吟醸」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:お米を削って残った割合

「吟醸」と「大吟醸」の違いは、お米を削って残った割合です。

「吟醸」は、お米を削って残った割合が60%以下で、「大吟醸」は、お米を削って残った割合が50%以下です。

「吟醸」をもっと詳しく


「吟醸」は、お米を削って残った割合が60%以下の日本酒のことです。お米を削って残った割合のことを、難しく言うと、精米歩合(せいまいぶあい)といいます。

お米は、中心に行くほど香りが強くなるので、お米を削っている割合が多いほど香りの良いお酒になります。見方としては、数値が低いほどお米を削っているということになります。

 

「吟醸」と「大吟醸」の原料は、米、米麹、水、醸造(じょうぞう)アルコールです。醸造アルコールとは、食用に使われるアルコールのことで、大手メーカーが造っています。原料は、サトウキビや米です。

醸造アルコールには、雑菌の繁殖を抑える効果や、日本酒の雑味を抑えて、飲みやすくする効果があります。また、香りの成分は、アルコールによく溶けるため、日本酒の香りを引き立たせる効果もあります。

「吟醸」や「大吟醸」は、普通酒とは違い、醸造アルコールの量は、お米の総重量の10%未満しか使ってはいけないことになっています。

スポンサードリンク

「大吟醸」をもっと詳しく


「大吟醸」は、お米を削って残った割合が50%以下の日本酒です。「大吟醸」は、「吟醸」よりもさらに造り方が徹底していて、お米もたくさん削っているので、香りがさらに豊かになります。

「吟醸」の意味は、文字通り吟味して醸造することですが、言い換えると、厳選して選んだ原料で、丁寧にお酒を造ることです。「吟醸」や「大吟醸」のお酒を造るときには、吟醸造りという技術が使われています。

吟醸造りとは、よく削ったお米を長期間に渡って低温でゆっくり発酵させる方法です。そうすることで、酵母菌(こうぼきん)がよく働いて、特徴的な吟醸香(ぎんじょうこう)というフルーティーな香りが生まれます。

「吟醸」や「大吟醸」のお酒を造るには、とても手間がかかるので、昔は品評会へ出すためのお酒でした。しかし、機械の技術が発達したため、1970年代以降には一般に流通するようになりました。

補足1:特定名称酒

特定名称酒とは、普通酒と区別するために、特別な名前がついたお酒のことです。昔は、特級、1級、2級と級別に分けられていましたが、現在は、精米歩合、麹歩合、アルコール添加量によって「吟醸」と「大吟醸」のほかに6種類のカテゴリーに分けられます。

  • 純米大吟醸:精米歩合が50%以下
  • 純米吟醸:精米歩合が60%以下
  • 特別純米酒:精米歩合が60%以下または特別な造り方
  • 純米酒:精米歩合についての決まりはない
  • 特別本醸造酒:精米歩合が60%以下または特別な特別な造り方
  • 本醸造酒:精米歩合が70%以下

純米とつくお酒は純米酒といって、主な原料が米と米麹です。純米とつかないお酒には、米と米麹のほかに醸造アルコールが加えられています。

また、特別な造り方とは、オリジナルの製造方法が追加されていることですが、数は多くありません。しかし、特別な作り方といっても、それについての決まりは特にないので、各メーカーが決めることができます。

スポンサードリンク

補足2:普通酒

普通酒とは、「吟醸」や「大吟醸」とは違って、特別な名前がついていないお酒のことです。昔の級別にすると、1級や2級にあたるような値段が手頃なカジュアルなお酒です。

現在は、級別は使われていませんが、目安があると分かりやすいので、各メーカーでランク付けがされています。

また、普通酒は、個性を出すというよりは、誰でも飲みやすいようにクセのない味になっています。そのため、人気があり、実は日本酒の出荷数の70%は、普通酒が占めています。

まとめ

以上、この記事では、「吟醸」と「大吟醸」の違いについて解説しました。

  • 吟醸:お米を削って残った割合が60%以下
  • 大吟醸:お米を削って残った割合が50%以下

日本酒は「吟醸」や「大吟醸」だけでなく、多くの種類があり、個性も様々です。色々試してお気に入りの日本酒を、見つけてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク