今更聞けない!「礼服」と「喪服」の違い

違いのギモン

「礼服」と「喪服」の違いをご存知でしょうか。

この2つの言葉の違いを知らないと、結婚式やお葬式の際にマナー違反となってしまいかねません。

しっかりと違いを理解し、マナー違反とならないようにしましょう。

この記事では「礼服」と「喪服」の違いについて詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

結論:「喪服」は「礼服」の1種

「礼服」は冠婚葬祭の際に着る衣服全般を指す言葉です。

それに対し、「喪服」はその冠婚葬祭の中でも、お悔やみごとの際に特別に着る衣服のことを指します。

「冠婚葬祭」とは

本来は、人間が生まれてから死ぬまでの間に行われる行事のことを指します。

「冠」は成人式、「婚」は結婚式、「葬」はお葬式、「祭」は先祖や神様を祀ること全般(法事やお盆)のことをそれぞれ意味します。

しかし、実際の文脈の中では上記のような意味よりももっと広く、伝統的な行事一般を指すことが多いです。

「礼服」についてもっと詳しく


「礼服」とは冠婚葬祭といった改まった席で着る衣服全般を指す言葉です。また、礼服を着ている状態のことを「礼装」「正装」と言います。

洋服の場合、フォーマルウェアと呼ぶこともあります。英語で formal (フォーマル)は「公式な」、wear (ウェア)は「服」という意味です。このことから「礼服」は「公式なときに着る服」であるということがわかります。

ちなみに、「礼服」と「スーツ」は似てはいますが、実は異なっているものです。

「礼服」の方が「スーツ」に比べて、色が黒く、全体的にシルエットがゆったりとしています。

 

ですので、「礼服」を「スーツ」の代用にしたり、同様に「スーツ」を「礼服」の代用にすることはできません。

また、「礼服」には「昼の礼服」「夜の礼服」といった着る時間帯による区別や、「正礼装」「準礼装」「略礼装」といった「格式高さ」の区別が存在しています。

それでは性別ごとの「礼服」の種類を見ていきましょう。

「男性」の礼服の種類

  • モーニングコート:正礼装、昼の装い。
  • 燕尾服(テールコート):正礼装、夜の装い。
  • ディレクターズスーツ:準礼装、昼の装い。
  • タキシード:準礼装、夜の装い。
  • ブラックスーツ:略礼装、昼夜を問わない。最もスタンダード。
  • ダークスーツ:略礼装、昼夜を問わない。

「女性」の礼服の種類

  • アフタヌーンドレス:正礼装、昼の装い。
  • イブニングドレス:正礼装、夜の装い。
  • セミアフタヌーンドレス:準礼装、昼の装い。
  • ディナードレス:準礼装、夜の装い。
  • カクテルドレス:準礼装、昼夜を問わない。
  • デイタイムドレス:略礼装、昼の装い。
  • ワンピース、ツーピーススーツ:略礼装、昼夜を問わない。
スポンサードリンク

「喪服」についてもっと詳しく


「喪服」とは、弔事(ちょうじ)の席で着る「礼服」のことを指します。弔事とは、葬式や法事といった「お悔やみごと全般」をいいます。

「喪服」は「礼服」の種類の1つであるので、「礼服」と同様に「正喪服」「準喪服」「略喪服」といった格式が存在しています。

色が漆黒であればあるほど格式が高いとされています。

 

男性であれば正礼装であるモーニングコートや紋付羽織袴、女性であれば黒紋付など着物を着ることがマナーとされてきました。

しかし、最近では男性であれば略礼装であるブラックスーツ、女性であれば略礼装であるワンピースやツーピーススーツを着ることが一般的となっています。

加えて、弔事の席での服装は故人の死を悼む気持ちを表すものなので、派手なアクセサリーや過度の露出は避けるのがマナーです。

 

また、通夜では「喪服」ではなく「平服」(普段の服装)で行くことがマナーとされていました。なぜなら、亡くなった直後に行われる通夜にしっかりとした喪服を着ていけば、まるで不幸を予期していたかのように捉えられてしまうからです。

しかし、最近では上記のような感覚は多少の薄れを見せ、通夜に喪服で行くことも一般的になりつつあります。

まとめ

以上、この記事では「礼服」と「喪服」の違いについて詳しく解説しました。

  • 礼服:冠婚葬祭といった改まった席で着る衣服全般のこと
  • 喪服:冠婚葬祭の中でも弔事の際に、特別に着る衣服のこと

「礼服」と「喪服」との違いを理解していないと、マナー違反となってしまう危険性があります。両者の違いについてしっかりと理解し、マナー違反となることが無いようにしましょう。

スポンサードリンク