知っておきたい!「注意報」「警報」「特別警報」の違い

違いのギモン

日本には様々な気象があります。

そんな様々ある気象の中でも、晴天や曇りといった日常的なもの以外に、台風や暴風など、私たちの日常生活に支障をきたすような気象があります。

そのような気象をあらかじめ予想して私たちに前もって知らせてくれるのが予報です。

今回はその予報のなかでも、「注意報」「警報」「特別警報」について解説します。

スポンサードリンク

結論:「注意報」「警報」「特別警報」は、危険度が異なる

「注意報」は、比較的危険度が低い災害が起こる際に出される予報のことを言います。

「警報」は、危険度がやや高い災害が起こる際に出される予報のことを言います。

「特別警報」は気象予報の中でも危険度が非常に高い予報です。

「注意報」をもっと詳しく

「注意報」は上記の 3 つの予報の中では一番危険度が低い場合に出される予報です。

気象庁が発表している解説には、災害が起こる恐れがある場合に発表される予報であると書かれています。

具体的にここでいう「災害」とは気象、地面現象、また洪水などに関係した災害のことを言います。

また、気象災害はさらに細分化されており、暴風、大雨、大雪などに対して注意報などの予報が発令されます。

スポンサードリンク

「警報」をもっと詳しく

「警報」は、危険度がやや高い場合に出される予報です。

気象庁が発表している解説には、重大な災害が起こる恐れがある場合に発表される予報であると記されています。

また、地域によって「警報」が発令されるタイミングが違います。

例えば、東京都で大雪警報が発令されていたとしても、北海道では同じ量の雪が降っても大雪警報は発令されません。

これは各地の地盤の強度や気候が違うためであり、これらの予報はその地域の災害に対する対応能力を考慮して発令されます。

「特別警報」をもっと詳しく

「特別警報」は、危険度が非常に高い災害の危険性があるときに出される予報です。上記の 3 つの中では一番危険度が高いものです。

気象庁が発表している解説には、予想される現象が特に異常であり、重大な災害が起こる恐れがある場合に発表される予報であるとされています。

この警報は、今までに経験したことのないような非常に危険度が高い災害に対して発令されるものであるため、めったに発令されることはありません。

しかし、事例はあり、過去には京都での記録的豪雨や沖縄県での記録的な台風が起こったときに発令されています。

スポンサードリンク

まとめ

以上のように、今回は「注意報」「警報」「特別警報」の違いについて解説しました。

  • 注意報:危険度が比較的低い災害の発生が予測される際に発令される。
  • 警報:危険度がやや高い災害の発生が予測される際に発令される。
  • 特別警報:危険度が非常に高い災害の発生が予測される際に発令される。

予報についての知識を十分に身につけて、災害に備えた行動を取ることができるといいですね。

スポンサードリンク