これでやっとわかる!「ビュッフェ」と「バイキング」の違い

違いのギモン

食べ放題という言葉から連想される食事形式として、「ビュッフェ」と「バイキング」がありますが、両者の違いは一体何なのでしょうか。

スポンサードリンク

結論:2つの違いは、「言葉が対応する地域」と「料金体系」にあります。

ビュッフェは世界共通の表現です。また、必ずしも食べ放題形式ではありません。一方、バイキングは日本独自の言い回しです。また、必ず食べ放題形式が取られます。

ビュッフェ


ビュッフェは、世界共通の食事スタイルです。各自が好きに料理を取り分ける形式を意味します。ただ、ビュッフェという言葉に食べ放題という意味は含まれないため、料金体系はまちまちです。

ビュッフェは飾り棚を意味するフランス語でした。また、飾り棚に置かれた料理を自由に食べるスタイルをも意味しました。そこから転じて、自由に料理を取り分けて食べる形式をビュッフェと呼ぶようになりました。

「ビュッフェ」の使い方の例

ビュッフェという言葉を確実に使えるのは以下の2つに対してです。

  1. 料理を好きに取り分ける形式を取っている海外のお店
  2. 料理を好きに取り分ける形式を取っていて、かつ料金体系が食べ放題でない日本のお店
スポンサードリンク

バイキング


バイキングは、日本独自の食事スタイルです。各自が好きに料理を取り分ける点はビュッフェと同じです。ただ、必ず食べ放題という形式が取られます

バイキングの始まりは、帝国ホテルが北欧のビュッフェ形式を日本に取り入れる時に、バイキングと命名したことです。その際、北欧の海賊であるバイキングと、当時公開されていた映画「バイキング」の船上での食べ放題シーンに着想を得ました。

「バイキング」の使い方の例

バイキングという言葉を使えるのは、食べ放題形式を取っている日本のお店に対してのみです。

まとめ

以上、この記事では、「ビュッフェ」と「バイキング」の違いについて解説しました。

  • ビュッフェ:世界共通の食事スタイル。料金体系はまちまち。
  • バイキング:日本独自の食べ放題形式の食事。

ビュッフェとバイキングは形式が似ていますが、意味をきちんと把握して正しく使い分けましょう。

スポンサードリンク