知れば物知りに!「細菌」と「ウイルス」の違い

違いのギモン

「細菌」と「ウイルス」。「細菌」は食中毒の原因となりますし、「ウイルス」の英単語 “virus” には「害悪」という意味があります。なんだかどちらも小さくて、悪さをするイメージがあります。

確かにどちらも微生物の一つですが、両者は全く異なる特徴を持っています。今回は両者の違いを解説していきます。

スポンサードリンク

結論:細菌は自立して生き、ウイルスは宿主に寄生して生きる

細菌は適切な環境下において自ら増殖して生きる単細胞生物です。一方ウイルスは別の生物の細胞に寄生し、増殖する存在です。

細菌


細菌は原核細胞からなる単細胞生物です。バクテリアともいいます。大きさは 0.001mm 程度で、光学顕微鏡で見ることができます。

細菌は栄養と水がある適切な環境であれば、自分のDNAを複製し、増殖することができます。細菌は明確に生物の部類になるので、夏に活動が活発になります。

 

細菌の例としてはブドウ球菌、サルモネラ菌、コレラ菌、赤痢菌、結核菌、ボツリヌス菌、破傷風菌などがあります。細菌による病気としては腸管出血性大腸菌感染症、食中毒、コレラ、赤痢、結核、破傷風などがあります。

抗生物質は細菌に対して有効です。しかし、中には抗生物質に対して耐性のある抗生物質耐性菌も出現しています。

細菌には結核菌やサルモネラ菌、赤痢菌など増殖により体を病気にする種類がいる一方、乳酸菌など体に有用な種類もいます。乳酸菌は体に有用である他、バターやチーズ、味噌などの発酵食品の製造に必要な存在です。

スポンサードリンク

ウイルス


ウイルスはタンパク質でできた外殻の内部に遺伝子(DNAかRNA)をもつ存在です。ウイルス単体では水や栄養があっても増殖できず、生命活動を営むことができません。別の生物の生きた細胞に寄生し、自己を複製することでのみ増殖します。

十分に増殖し、細胞を破壊すると、ウイルスは細胞外に放出され、次の細胞に侵入します。破壊された細胞増えていくと、感染部位に応じて体調不良などの症状が発生します。

ウイルスの大きさは 00000.5~0000.3mm 程度です。単細胞生物である細菌と比較すると10分の1程度の大きさです。そのため、ウイルスを見るには光学顕微鏡よりも専門的な電子顕微鏡が必要です。

 

一つの生物としての細菌に対して、ウイルスは「悪い遺伝子が入った器」というイメージです。生物学的にもウイルスは「生物と無生物の中間」の立ち位置にいます。

抗生物質は細菌に対してのみ効果があるので、ウイルスに対しては効力がありません。しかしウイルスなどの一部ウイルスに対しては抗ウイルス剤というウイルスの働きを抑制する薬があります。抗ウイルス剤がないウイルスによる病気は、自らの免疫により治すことになります。

 

ウイルスの種類としては、ノロウイルス、ロタウイルス、インフルエンザウイルス、アデノウイルス、コロナウイルス、HIVなどがあります。ウイルスによる病気としては、ウイルス性胃腸炎、インフルエンザ、風邪症候群、エイズなどがあります。

ウイルスは乾燥した環境を好むことが多いため、インフルエンザウイルスなど冬の時期に活発化するものが多いです。一方アデノウイルスなどは夏の高温多湿を好み、夏風邪の原因となります。

まとめ

細菌とウイルスは、「人間の身体に害を及ぼすことがある」という点においては共通していますが、大きさ、生物としての立ち位置はまったく異なります。

以上、この記事では、「細菌」と「ウイルス」の違いについて解説しました。

  • 細菌:自立した生物
  • ウイルス:他の生物の細胞を利用する存在

情報化社会へと進んでいく昨今の社会では、ウイルスときくと「コンピューターウイルス」をイメージする人も多いかもしれません。「コンピューターウイルス」は私たちの個人情報やお金が危険にさらされることを考えるとある意味本物のウイルスよりも危険です。こちらも気を付けていきましょう。

スポンサードリンク