知らなかった!「アパート」「マンション」の違い

違いのギモン

みなさんの中には「アパート」に住んでいる方や、「マンション」に住んでいるという方もいると思います。でも、「アパート」と「マンション」の違いを答えられない方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は「アパート」と「マンション」の違いについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

結論:明確に区別する定義はない

アパートとマンションに明確な違いはありません。そのため、物件を扱う業者がそれぞれ基準を決めて呼び分けています。

しかし、木造や軽量鉄骨構造の建物をアパート、鉄筋構造など強固な構造の建物をマンションと呼ぶのが最も一般的です。

「アパート」をもっと詳しく

アパートは一般的には2階建てなど低層の建物で世帯数が少なく、木造や軽量鉄骨構造などであることが多いです。そして、家賃は比較的安めです。

そのためセキュリティは甘めで防音性能は低いです。これはセキュリティーを整備したり、防音性能を高めたりするためには高いコストがかかるからです。家賃が安めな以上、これらの欠点はしょうがないことでしょう。

そして、構造上密閉性が低いためエアコンやストーブなど、冷暖房機器の効きは悪いことが多いです。

 

しかし、密閉性の低さにはメリットもあります。それは外との湿度に差ができにくいため、結露がしにくく、カビが生えにくいことです。

また、低層の建物であるため、エレベーターはないことが多いでしょう。

ちなみに、アパートは地価が安めの郊外に物件がある傾向があります。

以上の点を踏まえると、アパートは金がない学生などにおすすめです。

スポンサードリンク

「マンション」をもっと詳しく

マンションは一般的には高層の建物で世帯数が多く、鉄筋構造など強固な構造であることが多いです。そして、家賃は比較的高めです。

しかし、家賃が高い分、サービスは充実しています。具体的には、セキュリティーがしっかりしている傾向があります。

例えば、管理人がいたり、オートロックだったり、防犯カメラがついていたりします。

また、防音性能が高く、近隣の部屋の生活音が聞こえづらく、逆にこちらの部屋の生活音も漏れにくいため、快適に過ごせるでしょう。

その上、多くの場合、エレベーターがついています。また、冷暖房機器の効きもよいでしょう。そして、世帯数は多い傾向にあります。

 

しかし、そんなマンションにもデメリットはあります。例えば、密閉性が高いため結露しやすいです。そして、カビも生えやすい傾向にあります。

ですが、防音性能を高めるためには密閉性を高める必要があるため、しょうがないことでしょう。防音性能と結露のしにくさは両立するのが大変なのです。

ちなみに、上でも解説した通り、マンションの定義は不動産会社ごとに違います。そのため、木造2階建て構造の建物でも高級感を出すためにマンションと呼ばれる場合があり、注意が必要です。

以上の点を踏まえると、マンションはお金に余裕がある人や、一人暮らしの女性などにおすすめです。

まとめ

以上、この記事では、「アパート」と「マンション」の違いについて解説しました。

アパートマンション
家賃安め高め
構造木造・軽量鉄筋構造鉄筋構造など強固な構造
建物の階層低層高層
セキュリティー低性能高性能
防音性能低め高め
結露にしくいしやすい
カビ生えにくい生えやすい
冷暖房効きにくい効きやすい
世帯数少な目多め

実は明確な違いはなかったのですね。マンションやアパートを購入する時には、その業者がどのように分類しているか注意して物件選びをしたいですね。

スポンサードリンク