知っておきたい!「新卒採用」と「中途採用」の4つの違い

違いのギモン

就職活動をしていると目にする言葉の一つに、「新卒採用」「中途採用」があります。

なんとなく、自分がどちらの枠で就職活動をすべきかはわかると思います。しかし、説明するのは難しいですよね。

この記事では、「新卒採用」と「中途採用」の4つの違いについてご紹介します。

スポンサードリンク

【1】採用した社員に求めるものの違い

新卒採用の社員に求めるもの

若手ならではの、フレッシュさが求められています。新卒社員への教育費はかかりますが、企業は若手社員の将来性を期待しています。また、一度に研修を行うことができるメリットもあります。

実は、この仕組みは日本特有のものです。アメリカには、新卒一括採用は基本的に存在しません。

中途採用の社員に求めるもの

中途採用で入社する人に求められるのは、即戦力です。

他の企業で、社会人としての経験しているので、ビジネスマナーや業務に関する知識が身についている前提で選考されます。また企業側は、自社にないノウハウなど、プラスアルファの知識や経験を期待しています。

そのため、職種を特定した上での採用がほとんどです。

企業側は、教育費を抑えられるなど、メリットがある一方で、デメリットもあります。その一つの例として、離職の可能性が挙げられます。前の会社を辞めている経験があるので、またすぐに転職してしまうケースがあります。

【2】対象年齢の違い

新卒採用の対象年齢

大学・専門学校・高校・中学を卒業後、1年目で就業する人が、新卒採用の対象です。企業によっては卒業後2、3年目の人も、新卒採用枠に含まれるケースがあります。

中途採用の対象年齢

「中途採用」の対象年齢は、企業によって様々です。しかし、社会人を経験して、他の企業から転職するときは、共通して「中途採用」の枠になります。

スポンサードリンク

【3】採用プロセスの違い

新卒採用の採用プロセス

選考にかかる期間は半年〜1年程度です。

例えば、大学生の一般的な就職活動は以下の通りです。

  • 3年生の3月:エントリー
  • 4年生の6月:面接(一次→二次→三次)、内定
  • 4年生の10月1日:内定式

近年は、3年生の夏休みと春休みを使って、インターンシップへ参加する学生が増えています。

インターンシップとは、企業体験のことです。インターンシップに参加することによって、企業とのミスマッチを防ぐことができます。また、より業界について知ることができます。

中途採用の採用プロセス

選考にかかる期間は、1ヶ月程度です。また募集時期は、不定期です。一年中募集している企業もあります。

履歴書だけでなく、職務経歴書を提出する場合もあります。

【4】就業時期の違い

新卒採用の就業時期

「新卒採用」で入社する人の就業時期は、毎年4月です。基本的に4月1日に入社式が行われます。

中途採用の就業時期

「中途採用」で入社する人の就業時期は、不定期です。これは、選考時期も選考期間も、人によって企業によって様々であるためです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「新卒採用」と「中途採用」の4つの違いについて解説しました。

新卒採用 中途採用
求めるもの フレッシュさ 即戦力
対象年齢 学校卒業後1年目 企業により様々
採用プロセス 半年から1年 1ヶ月程度
就業時期 4月 不定期

近年の傾向として、新卒採用を辞める企業が増えてきました。時代の流れで、働き方が多様化しているのです。だからこそ、どのような場面でも使えるような武器を一つ、身につけておきたいですね。

スポンサードリンク